Doctors Me(ドクターズミー)- 日本で多いのは何型の肝炎?ウィルスの種類と原因について

写真拡大

日本で多いのはB型&C型肝炎ウイルス!

肝炎という病気は、臓に炎症が起きて、細胞が破壊される病気です。
原因は例えばアルコールによるものや、自己免疫性の肝炎などもありますが、日本で多くみられるのはウイルス性の肝炎です。特にB型、C型肝炎ウイルスによるものが多いことが知られています。
肝炎をひきおこすウイルスの中で、現在知られているものにはA型、B型、C型、D型、E型などがありますが、それぞれの特徴や原因としては以下のようなものがあります。

A型肝炎ウイルス

主に水や食物などを通じて感染します。衛生状態の悪い地域で多く、日本ではカキの生食によるものを除き、近年非常に減っています。
慢性化することはほとんどなく、ワクチンでの予防も可能です。輸入食品や、男性同士の性交渉で感染することもあります。

B型肝炎ウイルス

主に血液・体液を通じて感染します。以前は母子感染によるものが多かったのですが、現在はB型肝炎ウイルスを持っているお母さんから生まれた赤ちゃんにはワクチンを接種することで、多くは感染を防げるようになりました。
また、輸血など医療行為による感染も激減しています。
一方、ワクチンが開発されていて、予防可能ではありますが、慢性化しやすい欧米型といわれるB型肝炎ウイルスに、性的接触で感染する人が増えていることには注意が必要です。

C型肝炎ウイルス

B型肝炎同様、血液、体液により感染します。以前は輸血による感染が問題でしたが、検査の精度の上昇により現在はほとんど見られません。
覚せい剤の注射器の回し打ち、入れ墨の針の使いまわしなど不衛生な状況で他人の血液が体内に入ることによる感染が多いとされています。

D型肝炎ウイルス

血液などを通じて感染しますが、B型肝炎ウイルスに感染している人のみ感染するという特徴を持つウイルスです。D型肝炎ウイルスに感染すると、B型肝炎の症状が重くなることがあります。

E型肝炎ウイルス

主に水や食べ物を通じて感染し、豚やシカなどのレバーや生焼けの肉により感染した報告が日本でもあります。慢性化はしませんが、妊婦さんでは症状がとても重くなることがあります。

いかがでしょうか。水、食べ物や他人との血液や性的接触に気を配り、肝炎とは無縁で暮らせるといいですね。