気象庁の12日午前5時の発表によると、本州上空に真冬並みの寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まるため、北陸地方で夕方から明日にかけて大雪となるおそれがある。また、海上では北西または西の風が非常に強く、しけるおそれがある。

 13日朝までに予想される降雪量は、山沿いや山間部で30〜60センチ、平地で20〜35センチの見込み。日中も雪が降り続き、平地でも大雪となるおそれがある。

 予想される最大風速は、福井県、石川県、富山県の3県では12日夜にかけて、北西の風が、海上で15〜19メートル、陸上で12〜15メートル。新潟県では13日昼前にかけて、西の風が、海上で18〜20メートル、陸上で15〜18メートル。波の高さは、12日昼前から13日にかけて、3〜4メートルの見込み。

 同庁では、強風や高波、大雪による交通障害、雪による見通しの悪化、なだれ、落雷、突風、着雪に注意を呼びかけている。また、融雪による土砂災害や河川の増水についても注意を呼びかけている。【了】

livedoor 天気