Doctors Me(ドクターズミー)- 【医師が教える】妊娠中の理想的な体重管理術

写真拡大

妊婦さんの中には、体重が増えたことで、妊娠中でもダイエットしなくてはと思う方が増えてきています。実際、産院でも、低出生体重児が多くなっています。

しかし、太りたくない、というだけでダイエットをするのは、母体だけでなく、赤ちゃんの健康をも脅かすことになってしまいます。現在日本は、「先進工業国の中では、もっとも妊婦の栄養状態が悪い国」と言われているのです。

体重の増加が少なすぎるのも危険

妊娠に伴う体重の増加は仕方のないことです。妊娠すると胎盤が大きくなり、羊水で満たされ、胎児がお腹の中で育つことになります。また、乳房も出産に備え大きくなり、妊娠期の体重増加は、8kgほどになるといわれています。

この体重の増加が少なすぎると貧血や子宮内胎児の発育の遅れ、切迫流産や切迫早産といったリスクが高くなります。低出生体重児は、将来的に生活習慣病にかかりやすいことが解明されています。
逆に太りすぎると妊娠中毒症や妊娠糖尿病を発症したり、合併症の原因になります。出産時に難産になりやすく、出産に伴うリスクも高くなる傾向があり、帝王切開率も高くなります。

妊娠中の体重増加の目安

低体重→9〜12kg
標準体重→7〜12kg
肥満→5kg程度

<妊娠中期から妊娠末期までの1週間の体重増加量の目安>
低体重→0.3kg〜0.5kg
標準体重→0.3kg〜0.5kg
肥満→医師に相談

体重コントロール、2つの方法

1:運動
妊婦にとって体に負担とならない運動は、まずはウォーキングでしょう。公園に散歩に出かけたり、ウインドウショッピングを楽しむなど、日常で楽しく歩ける機会を設けるよう心がけましょう。最近ではマタニティービクスやスイミングなど妊婦向けのトレーニングメニューを実施している場もありますので、時々行ってみてもいいでしょう。

2:食事
量は減らさずに野菜中心の食事に変えてみたり、肉や魚は脂肪分の少ないものを使ってみたりと工夫するといいでしょう。また、油を使わない、蒸し料理や煮物といったメニューに変えるだけでも、摂取カロリーを抑えることができます。

ポイントは神経質になりすぎないこと

あまり神経質になるとストレスを感じてしまいますので、無理をせずに管理していくようにしましょう。神経質に体重の増加を怖がるのではなく、赤ちゃんの成長を喜ぶ気持ちが大切です。