Doctors Me(ドクターズミー)- 「知覚過敏」はなぜ起こる? 改善する方法はあるの?

写真拡大

冷たいものだけでなく、温かいものや甘いもの、また酸味のあるものを口に入れた時に、歯がしみて痛いと感じることがありますよね。これが、「知覚過敏」と呼ばれる症状です。

健康な歯の最表層はエナメル質と呼ばれる硬い組織で覆われていますが、何らかの原因でこのエナメル質がはがれ、その内側にある象牙質が露出することで、歯の神経に刺激が伝わりやすくなります。特に歯頸部といわれる、歯と歯ぐきの境目に生じやすいといわれています。

■ 知覚過敏はなぜ起きる?

虫歯ではないのに、なぜ歯がしみるのでしょうか。

1. 間違った歯磨きの方法
歯ブラシの力の入れすぎや動かしすぎなどで、歯質を削ってしまうことがあります。研磨剤が多く入っている歯磨き粉を使うことで、エナメル質を傷つけてしまうこともあります。
2. 歯ぎしりや食いしばり
過剰な咬み合わせの力が歯にかかり、エナメル質が剥がれたり割れたりしてしまうことがあります。
3. 歯肉が退縮している歯
歯周病や加齢が原因で歯肉が退縮し、歯の根元が露出してしみやすくなることがあります。
4. 歯石除去後
歯石で覆われていた象牙質が露出し、一時的にしみやすくなることがあります。歯周病がもともと進んでいた歯は、根元が露出しているところに歯石が沈着しているので、歯石除去後はしみやすくなることがあります。

■ すぐに実践できる、3つの改善法

1. ブラッシングの圧を変える
歯ぐきを傷つけないように歯磨きをしましょう。歯垢がついているままではしみることもあるので、柔らかめの歯ブラシなどで歯垢を落とすとしみなくなることがあります。
2. ガム
唾液の中にはカルシウムやリン酸など歯の成分であるミネラルがたくさん含まれています。キシリトールガムなどで唾液を多く出すと、溶け出したミネラルを補うことができるため、知覚過敏が治まってくることがあります。
3. 知覚過敏用歯磨き粉
硝酸カリウム(カリウムイオン)という薬用成分が含まれています。この成分が知覚過敏の症状を軽減させます。

■ まとめ

なかなか改善しない場合は、早めに歯科医院を受診しましょう。必要に応じて、歯にコーティングをしたり樹脂を詰める治療をして、しみにくくすることもできます。
また、自分では知覚過敏だと思っていたけれど実は虫歯だったということもあるので注意して下さいね。