空港にぬいぐるみを忘れた少年に起きた「サプライズ」に、ほっこり

写真拡大

子どもにとって、ぬいぐるみとは大切な親友のような存在です。米フロリダ州に住む6歳の少年、オーウェン・レーク君はヒューストンへ旅行に行く途中、大親友のトラのぬいぐるみ“ホッブス”をタンパ国際空港に忘れてしまいました。
幸い空港職員が子ども用の遊び場でぬいぐるみを発見。ですが、話はここで終わりませんでした。タンパ空港オペレーション・センター所長のトニー・デアユートさんは、とても粋なはからいを思いつきました。
それはぬいぐるみのホッブズに、空港の裏側を探検させるというもの。ここからは、彼の冒険を見ていきましょう。

まずはコントロールタワーを見学です。

lost-hobbes-8

職員と一緒にモニターチェック!

lost-hobbes-7飛行機の機体を清掃している職員さんと!
lost-hobbes-6こちらは、空港で火事があった時に、頼りになる消防職員さんとツーショット!lost-hobbes-9

マリオットホテルへ荷物を運ぶお手伝いもします。

lost-hobbes-11

所長と一緒に、ジェンガで息抜き。lost-hobbes-3たっぷりと空港内を冒険した後、無事オーウェン君の元に帰ってきたホッブズ。
空港職員たちは、ホッブズとともに彼の冒険を撮影したフォトブックも一緒に手渡しました。lost-hobbes-12フォトブックを見た時、オーウェン君のお母さんは喜びのあまり泣き出してしまったとか。なんとも心温まる取り組みに、世界中のメディアで話題になっているのも納得。こういった夢のある取り組みをする空港が、増えてくるといいですね。

Licensed material used with permission by Tampa International Airport