レトロで奇妙で滑稽な、電気で走る3輪自動車

写真拡大

イギリスの変わり者の自動車メーカーの中でも、最大の変わり者であるモーガン社の電車自動車は、やはりちょっと変わっている。それはとてもレトロで、少し滑稽な3輪自動車だ。

「レトロで奇妙で滑稽な、電気で走る3輪自動車」の写真・リンク付きの記事はこちら

モーガン社の3輪自動車を見て、クラシックカーの展示を見ているのか、あるいは20世紀初頭にいきなり引き戻されたのかと思っても仕方がない。

なにしろ、それがモーガン社の魅力のひとつだ。彼らイギリスの奇抜な自動車メーカーは、レトロさを愛し、4輪車を嫌う。そして同社はいま、ガソリン駆動のV型2気筒エンジンを放り捨て、完全に電気エネルギーで動く動力を選んで“賭け”に出た。

実は、100年前には、電気自動車はガソリンを動力源とする自動車と同じぐらい一般的な存在だった。よりクリーンで、静かで、運転しやすかったことから、電気自動車は人気を得ていた。

それから1910〜20年代には、エンジン技術が向上し始め、バッテリー動力は時代から取り残された。しかしいま、電力は復活し、いわゆる化石燃料である石油と、真剣に競り合えるところまで近づいた。

モーガン社は、今月末のGoodwood Festival of Speedで、同社の「EV3」モデルのコンセプトを発表しようとしている。EV3は同社にとって、かつて2012年につくられながらも市場に出ることのなかった「Plus E」のコンセプト(マニュアルシフトだ!)に続く、2台目の電気自動車である。

EV3は、モーガン社が2011年から販売している標準的な3輪自動車を元にしており、来年の終わりに向けてプロトタイプを発展させていくことが見込まれている。

内燃エンジンの使用は取り止められ、リヤマウントの60馬力電力モーターが選ばれた。モーガン社は、フル充電時の走行距離を約150マイル(約241km)と見積もっているが、この値は現在市場に出ているほとんどの完全電力駆動式モデルを打ち負かすものだ。たった1,000ポンド(約454kg)しかないと言われている、EV3の車両重量のおかげだろう。もともと動力源として頼っていた内燃ユニットよりも軽いのだ。

3輪自動車はその性質上、安定性が低く実用的ではないが、その滑稽さは素晴らしさでもある。そしてそれこそが、(特にイギリスにおける)すべての変わり者の自動車メーカーのなかでも、最大の変わり者であるモーガンが、それらをつくり続ける理由である。

TAG

CarDesignvehiclesWIRED US