ルノー キャプチャー カンヌ

写真拡大

ノー・ジャポンは、「Explore(冒険の旅に出る)」をテーマとするコンパクトクロスオーバー「ルノー キャプチャー」に、ルノーが32年にわたりオフィシャルカーを提供している世界3大映画祭のひとつである「カンヌ映画祭」のオフィシャルカーをイメージした限定車「ルノー キャプチャー カンヌ」を制作し、2015年6月26日から、全国のルノー正規販売店で40台限定で販売を始めた。

カンヌ映画祭のオフィシャルカーをイメージ

「ルノー キャプチャー」は、流れるようなボディラインが作る力強くエレガント なシルエット、2.0リットルエンジンに匹敵する性能を発揮する1.2リットル直噴ターボエンジン、そのエンジンの力をスムーズかつ効率良く路面に伝えるエフィシエントデュアルクラッチが特徴のモデル。

限定車「カンヌ」は、この「キャプチャー」をベースに、映画館をイメージした8インチ大画面SD ナビゲーションシステムや、こだわりの音質で絶大な信頼を得ているFOCAL(フォーカル) 製Music Liveスピーカーほか、アイボリー/ブラックのレザー&レザー調ジップシート表皮、そしてカンヌ映画祭公式エンブレムが装備されている。

ルノーは32年にわたりカンヌ映画祭のオフィシャルパートナーを務め、15年カンヌ映画祭には「キャプチャー」、新型「トゥインゴ」、「エスパス」など、200台以上の車を提供した。

メーカー希望小売価格(税込)は289万円。