風鈴の音色に良縁の願いを込めて。夏の祭事「川越氷川神社 縁むすび風鈴」

写真拡大 (全3枚)

縁結びで知られる川越の氷川神社に、良縁を願う「縁むすび風鈴」が今年も登場。初開催の昨年は10万人以上が訪れたそう。婚活女子は涼しげな風鈴に願いを込めて。

2015年7月4日(土)から8月31日(月)まで開催される「川越氷川神社 縁むすび風鈴」。1500年の歴史を持つ小江戸川越の総鎮守、氷川神社の鳥居の先に現れた「縁むすび風鈴回廊」には、11色の色彩豊かな無数の江戸風鈴が吊るされて、美しい音色を響かせる。

参拝者は、風鈴の回廊をくぐって境内に入り、木で作られた短冊に願いを書いて、風鈴に結ぶことができる。

涼やかで幻想的な風鈴の回廊に加えて、今年は透明の風鈴を吊るした「風鈴小路(ふうりんこみち)」も新設されたとか。

また、夏の夜ならではの風情を楽しめる仕掛けも。境内を流れる御神水の水面には、天の川をイメージした映像「天ノ川ノ、願イゴト」を投影。

「川の中の白い玉砂利に、プロジェクション・マッピングで投影しています。地上に降りた天の川の風情を楽しんでください」と、広報を担当する氷川神社の小谷野さん。


神社らしい「和」のイメージを竹で作った毬に重ねた「竹毬風鈴」のオブジェも設置。竹の中で光るLEDのライトが周囲の木々を照らす、光と影の演出は、夏の夜を盛り上げてくれるはず。

隣接する「むすびcafe(カフェ)」では、期間限定スイーツとして「彩り風鈴(486円)」なども登場。さらに、舞殿では御神楽やジャズなどの奉納演奏もあるとか。女友達と出かける夏スポットとして注目かも。