『ラブ&ピース』のジャパンプレミアムイベントが行われ、その様子をNoshが取材してまいりました。

イベントには監督の園子温さん、主演の長谷川博己さん、ヒロインの麻生久美子さん、そして西田敏行さんが来場。

そのなかでも注目は主演の長谷川さん、最近はドラマに映画に大活躍ですよね。


優しげな雰囲気がステキな俳優さんですが、最近はなんとなく情けない役も多いような印象。

今回も、うだつの上がらないサラリーマン役とのことで相変わらず情けない……

しかし劇中では情けないだけでない、いつもとかなり違った一面も見せてくれるそうです!

 

長谷川さんによると「今回の映画は少し(演技を派手に)やりすぎちゃったかな」とのこと。

また園監督は「この作品では長谷川君の殻を破りすぎちゃってる姿をご覧いただければ」とのコメント。

「やりすぎちゃった」とか「殻を破りすぎちゃってる」ってどういうことなんでしょう?

 

なんと劇中で長谷川さんが金髪ヘアでギターパフォーマンスをするシーンがあるそうなんです。


コレがそのシーン。

確かに普段の長谷川さんとぜんぜん違います、かなり殻を破りすぎちゃってますね……ただこれはこれでなかなかカッコイイかも!

またヒロインを演じた麻生さんは「ギターパフォーマンスはスゴイんです、ほんと敵わないなと思いました」とコメントしていました。

長谷川さんのロックでカッコイイパフォーマンスはすごく気になりますね。


麻生さんはその後自身の演技について聞かれると「今回の役柄はシリアスなシーンが多かったが(笑い上戸なので)笑いをこらえるのが大変だった」とコメント。

また長谷川さんからは「(麻生さんは)話していると、とても楽しい気分にさせてくれる人」と言われていました。

麻生さんは普段からイメージ通りの明るくて、和やかな性格みたいです。

 

またこの他にも共演者からは長谷川さんの意外な一面も聞くことができました。

西田さんによると「長谷川さんは一見青白い感じでぜんぜんそうは見えないけど、実は内面はすごいアツい男なんです」ということでした。

ドラマや映画での情けないイメージとは実際はだいぶ違うようですね。


イベントの最後には映画のタイトルとかけて、会場に集まってくれた、ファンのみなさんと一緒にピースをするシーンも。

満面の笑みでピースをする姿と、スクリーンの中での姿とのギャップがとても印象的でした。

 

映画、『ラブ&ピース』は明日6月27日より全国公開するそう。

長谷川さんの殻を破りすぎちゃった、ロックな姿が気になった方は劇場に足を運んでみたらいかがでしょうか?

 

『ラブ&ピース』6月27日(土)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国公開公式サイト: http://love-peace.asmik-ace.co.jp/配給:アスミック・エース  (C)「ラブ&ピース」製作委員会STORYうだつの上がらない日々を過ごすサラリーマン・鈴木良一(長谷川博己)。ある日、良一はデパートの屋上で一匹のミドリガメと目が合い、運命的なものを感じる。あきらめたロックミュージシャンへの道、まともに話せないが恋心を抱いている寺島裕子(麻生久美子)への想い・・・彼の人生を取り戻すのに必要な最後の欠片(ピース)、それが・・・そのミドリガメだった!