写真提供:マイナビニュース

写真拡大

人気アニメ「機動戦士ガンダム」シリーズの大ヒット食玩『FW GUNDAM CONVERGE』より、『FW GUNDAM CONVERGE EX07 RX-78 GP03 ガンダム試作3号機 デンドロビウム』が、2015年11月に発売されることが決定した。価格は3,456円(税込)。

「ガンダム試作3号機 デンドロビウム」は、1991年より発表されたOVA『機動戦士ガンダム0083 -STARDUST MEMORY-』の主人公コウ・ウラキが搭乗するモビルスーツ(MS)およびモビルアーマー(MA)。巨大アームドベース「オーキス」と中核をなすMS「ステイメン」で構成されている。劇中では、アナベル・ガトーが搭乗する「ノイエ・ジール」と激闘を繰り広げていた。『FW GUNDAM CONVERGE』では、これまでに「ディープストライカー」や「ZプラスC1型ハミングバード」、「クシャトリヤ」などさまざまな大型機が立体化されてきたが、ついにシリーズ最大級のボリュームとなる「デンドロビウム」が登場する。

『FW GUNDAM CONVERGE EX07 RX-78 GP03 ガンダム試作3号機 デンドロビウム』は、ステイメンとオーキスの合体はもちろん、それぞれ分離した状態でのディスプレイも可能。ウェポンコンテナの開封、武装類の装着、クロー・アームの展開などさまざまなギミックを内蔵している。爆導索、大型ビーム・サーベル、マイクロ・ミサイル・コンテナ、ミサイル・セット、フォールディング・バズーカ×2、ビーム・ライフル、フォールディング・シールドと本機を象徴するさまざまな武装も付属。さらに、合体時の首差し替えパーツ、台座、MS保持用パーツも同梱されている。商品サイズは、約170mm。

商品価格は3,456円(税込)で、店頭販売のほか「プレミアムバンダイ」でも予約受付中。「プレミアムバンダイ」の予約締切は後日商品ページにてアナウンスされ、2015年12月の発送を予定している。

『FW GUNDAM CONVERGE』は、全高約55mmのボディに濃密なディテールを盛り込み、クリアパーツやABSパーツを各所に用いて、人気のMS(モビルスーツ)を質感豊かに立体化する人気食玩シリーズ。『機動戦士ガンダム』はもちろん『機動戦士Zガンダム』『機動戦士ZZガンダム』『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』『ガンダム・センチネル』『機動戦士ガンダム 逆襲のシャア』『機動戦士ガンダムUC』『機動戦士ガンダムF91』『機動戦士クロスボーン・ガンダム』『機動戦士ガンダムSEED』『機動戦士ガンダムOO』などから幅広いラインナップを誇っている。

(C)創通・サンライズ