チョコレートダイエット」は皆さんご存知ですか? 無理やり食事量を減らすこともなく、食前にチョコを食べるだけで痩せられるというダイエット方法。本当にチョコで痩せられるのか、疑問に思いますよね。ただ闇雲にチョコを食べていればいいというわけでもなく、他のダイエットと同じで守らなければいけないルールがあるようです。そこで今回は、本当にチョコを食べるだけ!? チョコレートダイエットの正しいやり方についてご紹介いたします。

チョコレートダイエットの正しいやり方

チョコレートダイエットで成果をだすうえで最も重要なポイントは「カカオの含有率が70%以上のチョコを食べること」という点です。通常のチョコレートには、砂糖やミルクがたっぷりと含まれていますが、カカオの含有率が70%以上ともなると、普段のチョコの味ではなく、ほろ苦い味がするはず。「チョコ」なら何でも食べていいというわけではないので気をつけてくださいね。

1日50gを目安に、朝・昼・晩と、それぞれ食事の20分前に、カカオの含有率が70%以上のチョコレートを食べていきます。もちろんいうまでもなく、3食の食事もきちんと摂っていきましょう。食前にチョコレートを食べることによって、急激な血糖値の上昇を抑えられ、満腹中枢を刺激することになるので、食欲を抑えられるようになるのです。暴飲暴食にも自然とストップをかけることができます。

カカオポリフェノールはいいことだらけ!

チョコレートに含まれているカカオポリフェノールは、美容や健康にいいメリットがたくさんあります。ダイエットに最適なのはもちろんのこと、成人病やガン、ストレス対策にも力を発揮し、血液をサラサラにする作用もあるといわれています。便秘解消に繋がる食物繊維も多く含まれているので、美容意識の高い女性にとって、カカオポリフェノールはいいことだらけなんです。

カカオ含有率が70%以上のチョコレートとなると、やはり通常のチョコとは違い、多少お値段がはってしまいます。しかし、わざわざダイエット食品を買うよりかは安く抑えられ、食前に食べるだけでいいので、長く続きやすいというメリットもあります。お食事前に一口、チョコを食べるだけでいい「チョコレートダイエット」、ぜひ試してみてくださいね!


writer:山口 恵理香