才能ある諸君、われわれは稼いで欲しい:アドビのスコット・ベルスキーが挑む「全クリエイター不可避、最大にして永遠の難題」

写真拡大

クリエイターのいちばん苦手なもの、それは「営業」だ。仕事中は作業場にこもる。おしなべて性格がシャイ。仮に口数が多くとも、企業から依頼されて手掛けた仕事を「自分の作品」と大声で主張させてはもらえない。そんな悩みに、あのアドビが過去最大のイノヴェイションで応えようとしている。

「才能ある諸君、われわれは稼いで欲しい:アドビのスコット・ベルスキーが挑む「全クリエイター不可避、最大にして永遠の難題」」の写真・リンク付きの記事はこちら

スコット・ベルスキー|SCOTT BELSKY
アドビ システムズ「Behance」代表兼コミュニティ担当ヴァイスプレジデント
2006年、Behanceを共同設立し、2012年にアドビ システムズが買収するまでCEOを務める。2010年に『Fast Company』誌の「100 Most Creative People in Business(ビジネスで最もクリエイティヴな100人)」に選ばれる。大手メディアや、GE、FacebookをはじめとするFortune 500企業と協業、そこで得た知見を共有するために世界中を巡り、業界全体の発展を支援することに尽力している。

まず、アドビが2012年に買収した「Behance」なるサーヴィスの説明から始めたい。クリエイターが簡単にポートフォリオを作成し、全世界に才能を訴求できるSNSだ。ブラウザ上の編集機能がかなり強力で、1つの「プロジェクト」に静止画・テキスト・ヴィデオ・オーディオなど複数のメディアを盛り込むことが可能。アーティストも納得の、美しい仕上がり具合が評判である。また「いいね!」ボタンのごとき「素晴らしいね(Appreciate)!」ボタンが用意されているのもBehanceの大きな特徴だ。数を集めてランキング上位に登れば目立つことこの上なし。

才能が正しく評価されない世界にフラストレーションを溜めていた、とBehanceの創業者スコット・ベルスキーは語る。

「クリエイターが作品を公開し、いろんな方に見つけてもらえる場を提供したい。自分の作品が自分のものとしてきっちり評価されるプラットフォームをつくりたかったのです」

Behanceは単なるSNS以上の価値を提供する。たとえば検索。仕事を依頼したいクライアントがBehanceにアクセスするとき、五百万人のクリエイターによるイラストや写真などの膨大なアートワークから望むテイストを指定、類似する作品・アーティストだけをリストアップできる。画像認識やクリエイティヴ・グラフ(Creative Graph)といったBehance固有のテクノロジーが売り。「tumblr」や「about.me」には成し得ないマッチング機能により、垣根のないアートの場としてBehanceは注目を浴びてきた。

「アニメーターや写真家、デザイナーに向けて、個別の小さなSNSをつくることも考えました。けれど、あえて全ジャンルのクリエイティヴが交差するようなSNSをつくろうと決意しました。異なる分野の方々がお互いの作品を見ることにより、各々のレヴェルアップが図れるとわれわれは考えているのです」

すでに北米やヨーロッパで大成功を収めていたBehanceは、アドビとの合併によりCreative Cloudとの統合を果たす。これには大きなメリットがあったと言う。

「『Photoshop CC』や『Illustrator CC』といったツールからシームレスに使えるSNSとして、Behanceの可能性は全世界に広がりました。おかげで会員数は百万人から五百万人へと大幅に増えました」

TAG

AdobeCreativeWIRED Promotion

試しにBehanceを開いてみよう。「素晴らしいね!」を最も稼いだNIKEのアニメーション作品をクリック、再生。よく見ると関連する作品がページの端にずらりと並ぶ。検索欄にNIKEなどの企業名を打ち込めば、関係するアーティストを見つけることも可能らしい。クライアント側からみれば「仕事相手を見つけやすい場」、アーティスト側にとっては「見つけてもらいやすい場」になっていると感じられる。

だが、このように企業が絡む作品を個人の判断で勝手にアップロードできるのだろうか。

「Behanceへ作品を公開するには、アーティストがあらかじめ企業に許諾を得ておかねばなりません。その点、クリエイターを指導することも必要になる。作品にどういうかたちで関わったか、あとで肩書を公表していいという契約をしっかり結ぶようにしなさい…とね」

とにかくクリエイターは稼ぐのが下手。才能に恵まれていてもキャリアパスがうまく描けない。彼らが作品との関係をコントロールするには、ある種の「秩序」が必要。それがスコット・ベルスキーの主張だ。Behanceの創業者はクリエイターのみならず、それを取り巻く業界にも変化を促す存在である。

「どんな映画でもエンドクレジットは長いものですが、われわれは映画以外の作品にもクレジットが付与されるべきだと考えています。アドビ製品はクリエイターのみならずクライアントにも使ってもらっている。お互いがクレジットにおける良好な環境を整えるべきと、業界へ強く働きかけていきたい」

Behanceがもっとメジャーになったら、企業の担当者がクリエイターに「是非あなたからBehanceに動画をアップロードしてくれ」と頼んでくるようになるかもしれない。

「同感です。企業はクリエイターとの関わりを積極的に発信したほうが、よりブランドの高さをアピールできると思う」

TAG

AdobeCreativeWIRED Promotion

スコットは、現在アドビにおいて、モバイル担当のヴァイスプレジデントとして、Adobe CCをはじめとする製品のありかたを「再設計」している。Behanceは、つい先ごろ発売され話題を呼んでいるApple Watchにも対応している。

Behanceはいろんな意味で強い味方になってくれそうだ。クリエイターはとにかく孤独。絵を描いている時は誰とも話ができない。その間、セールスは完全にストップしてしまう。自分のかわりにセールスマンとなってくれる存在は大歓迎だ。

「イエス。われわれはみなさんに請求する金額より、もっと多くの儲けを得てもらえるために働きたい。アドビのツールを使ってくれているクリエイターたちにもっと力を与えたい。みなさんの作品が評価されるよう、後押しする責任がアドビにはある。たとえば新しく発表したサーヴィスである『Adobe Stock』は、そのいいソリューションです」

今回アドビが新たに発表したサーヴィス、Adobe Stockは、簡単にいえば写真やイラストをダウンロード「購入する」マーケットプレイス。そう言ってしまうと既存のコンテンツ販売サイトと大差なく聞こえるけれど、もっとも大きな違いはCreative Cloudに統合されていることだ。

Photoshop CCやIllustrator CCから直接アクセスし、購入手続きを省略して、無料の透かし入りデータを何点でもダウンロードして使うことができる。仮のデザインをつくったあと、プレゼンテーションや確認を経て最終的なゴーサインが出てから、透かしを取り除くために写真を「正式に購入」。その手続きもPhotoshop CC上で可能、とてもシンプルだ。また、クリエイターがAdobe Stockに自分の写真やイラストを公開して「販売する」作業も、近い将来Creative Cloud上で完結できるようになるという。Adobe IDをもつユーザーの活動は、彼らの言うところの「CreativeSyncテクノロジー」によって一元管理されているから、アドビはぼくらの「創作」「発表」「販売」「購入」に至るエコシステムのすべてを一手に引き受けることが可能なのだ。このスムーズさは、既存の写真販売サイトに到底真似出来ない。

将来的にはAdobe StockとBehanceの連携も視野にいれているとスコットは語る。

「現在のAdobe Stockは写真やイラストの販売に特化しています。Behanceを絡めて、業務そのものを細かく発注、受注できるようにしたい。たとえば写真家が売り手で、雑誌のデザイナーが買い手であったとき、両方がCreative Cloudのユーザーだという可能性がある。ならばお互い、もっと密に連携できると思うのです」

Adobe Stockは作品を提供する写真家やデザイナーに「業界屈指の高額な手数料」を支払うことを発表済みだ。僕らは長らくユーザーとして「アドビを食べさせてきた」が、25年目を境にして「アドビに食べさせてもらっている」と憚らず公言できるようになるのかもしれない(いや、ぼく個人としてはとっくに食べさせてもらっている状況だから、「儲けさせてもらう」という表現が正しいのかも)。とはいえ、まだまだ皮算用は禁物。まずはBehanceに登録、「素晴らしいね」ボタンを押してもらう努力が必要だ。スコットもBehanceに日本人が参加してくれることを切望している。

「実は、日本のデザインが世界に大きく影響を与えているという調査結果が出ています。だからもっと日本人にBehanceを使ってもらいたい。日本のクリエイターのすばらしさを世界に知らしめながら、Behanceをよりよくする提案をわれわれにフィードバックして欲しいのです」

Behance、そしてAdobe Stock。Creative Cloudユーザーになることで得られる世界の広がりはとてつもなく大きい。「CS 6の」ユーザーはそろそろ重い腰を上げるべきだろう。ちなみに、Illustrator CC 2015の処理速度はCS 6の10倍だという。10倍ですよ10倍。圧倒的進化、文字通りの桁違い…2015年のアドビはひと味違う。考える余地なんて、どこにも残されていないのだ。

吾奏伸|ASSAwSSIN
映像作家。主にIllustrator、Photoshop、After Effectsを使用し、アニメーションを多用したCMやテレビ番組を手掛ける。twitterアカウントは @shinasada、Behanceページは、http://behance.net/assawssin