PCパーツを魅せる机型ケース 冷却性能も

写真拡大

パソコン(PC)用パーツなどを扱うディラック(東京都千代田区)は、台湾のLian Li製PCケース「DK-Q2X」「DK-03X」の予約受付を2015年6月20日から始めた。7月上旬の発売を予定。

「DK-03X」は2枚のマザーボードを搭載できるデュアルシステム対応

「PCパーツを魅せる机ケース」をコンセプトに、前モデルから各部を再デザインし実用性を高めた。脚部をスチール製U字型からシンプルな構造のアルミ製に変更して強度を増し、高さ調節にも対応。様々なサイズの水冷システムやLian Li製LEDコントロールユニットの搭載が可能だ。

天板に強化ガラスを採用。両側面に合計8基の120ミリファンを搭載。左側面が吸気、右側面が排気の一方向へのエアフローを実現。

「DK-Q2X」は1枚のマザーボードが搭載できるシングルシステム用。Extended ATX、ATX、MicroATXに対応する。市場想定価格は13万800円前後。

「DK-03X」は2枚のマザーボードを搭載できるデュアルシステム用。「システム1」はExtended ATX、ATX、MicroATXに対応し、「システム2」はMini-ITX。市場想定価格は18万8000円前後(価格はいずれも税別)。