フジサンケイグループに提携を呼びかける堀江貴文・ライブドア社長(撮影:佐藤学)
画像をクリックすると拡大します画像をクリックすると拡大します
 ニッポン放送<4660>のフジテレビジョン<4676>に対する新株予約権発行差し止めの仮処分を東京地裁が決定したことを受け、ライブドア<4753>の堀江貴文社長は11日夜、同社サイトで配信する動画に出演し、「わたくしどもの主張を認めていただいて大変にうれしく思う。フジサンケイグループの経営陣とできるだけはやくお話し合いをさせていただき、わたくしどもとの事業提携を前向きに進めていただければと切に願っている」と、従来の姿勢に変化がないことを強調し、あらためて提携を呼び掛けた。

 堀江社長は「ニッポン放送さんの株式価値を最大化させるとともに、グループ全体の価値も高めていけると確信している。既存メディアとインターネットがうまく融合して、素晴らしい未来、社会が作れれば。今後もわれわれの考えが認められるように努力していきたい」と述べた。【了】