「冬と違って夏は肌が潤うから大丈夫だ」と安心していませんか。暑い時期は汗や皮脂の分泌が高まるので、肌は乾燥していないように見えます。しかし夏の暑い日差しによる紫外線や室内で一日中つけっぱなしのエアコンの風にさらされた夏の肌は、冬以上に乾燥する危険性があります。夏の肌を美しく健康に保つコツをご紹介しましょう。

紫外線と冷房から肌を守ろう

肌の角質層には細胞間脂質があり、ラメラ構造(水分と脂分が層状になっている)になっています。この構造によって角質内の水分の蒸発を防ぎ、外部から受ける肌のダメージが緩和されます。夏の肌は強い紫外線とエアコンの風にさらされています。紫外線に当たると肌にダメージを与える活性酸素の働きが強まり、肌のはりやつやを護るコラーゲンやエラスチンを傷つけます。その結果として乾燥やシミ、しわが目立つようになるのです。

また汗をかいて戸外から室内に入り、冷房の風を浴びると一気に肌表面の水分が蒸発して水分量が低下します。冷房は肌を冷やすので血行が悪くなり、乾燥やごわつきを引き起こします。

夏の肌こそ乳液を!

強い紫外線を避けるために日中は日焼け止めを塗りましょう。PA+++、SPF30程度の日焼け止めを一日何度か塗り直すと効果が持続します。下地やファンデーションに日焼け止め効果があるものを選んでダブルガードするのもよいでしょう。

夏の肌は毛穴が開きやすい状態にあります。日焼け止めが毛穴に詰まるとニキビや吹き出物などの原因になります。洗顔をした後、ホットタオルで毛穴を十分開かせた後、浸透力の強い化粧水をコットンに浸し、顔全体をパッティングしてたっぷりつけましょう。夏は化粧水だけでよいと思っている人がいるかもしれませんが、潤いを閉じ込めるためには季節を問わず乳液やクリームを使うことをおすすめします。


writer:松尾真佐代