<資料>
 日本株が株高再燃となっている。ギリシャ不安一服を受けた世界的なリスクオン再燃を受けた形となっているが、この動きは続くのだろうか。

 ギリシャ不安がくすぶるなかで、欧州株は下落傾向を辿ってきた。欧米の相対株価は4月から欧州株の割安、米株の割高拡大が続いた。ところが、そんな米株に対して日本株は4月以降一段と割高拡大に向かった。そしてそのような日米相対株価は上海株の動きと連動した形となっていた。

 要するに4月以降、ギリシャ不安が注目される中で世界の株は「欧州株<米株<日本株」といった強弱関係となっていた。ギリシャ不安でも欧米株に対して日本株が割高拡大となっていたのは、客観的には記録的な上海株の急騰に連動した形となっていたわけだ。以上からすると、日本株高が続くかは、ギリシャ不安より上海株次第ではないか。

 さて、その上海株は先週急落した。これは、90日移動平均線からの乖離率を見ると、さすがに短期的な上がり過ぎ修正が入った結果と考えられた≪資料参照≫。このまま上がり過ぎ修正が続くなら、足元の90日線が4000ポイント程度なので、それを完全に割り込む動きに向かう見通しになる。

⇒【資料】はコチラ http://hbol.jp/?attachment_id=47446

 ただ2007-2008年にかけての上海株の急落局面でも、上がり過ぎ修正は一筋縄ではいかなかった。その意味では予断は許せないところではある。(了)

◆6、7月のFXアカデミア関連の会場及びWEBセミナーのご案内
6月27日= M2JFXアカデミア1Day・IN名古屋
7月1日=100万ドルナイト為替短中期予想セミナー
7月9日=M2JFXアカデミア予測編第1部
7月17日=WEBセミナー「マーケット先読みLive!」
7月25日= M2JFXアカデミア1Day・IN大阪
http://www.m2j.co.jp/seminar/

【吉田 恒氏】
1985年、立教大学文学部卒業後、投資情報会社の代表取締役社長などを経て、2011年7月から、米国を本拠とするグローバル投資のリサーチャーズ・チーム、「マーケットエディターズ」の日本代表に就任。国際金融アナリストとして、執筆・講演などを精力的に行っている。また「M2JFXアカデミア」の学長も務めている。
2000年ITバブル崩壊、2002年の円急落、2007年円安バブル崩壊など大相場予測をことごとく的中させ話題に。「わかりやすい、役立つ」として、高い顧客支持を有する。
著書に『FX7つの成功法則』(ダイヤモンド社)など

●FXマーケットスクウェア http://www.m2j.co.jp/landing/fx_market_square/
●ツイッター http://mobile.twitter.com/yoshida_hisashi
●FXの学校「アカデミア」 https://www.m2j.co.jp/mp/my_fxacademia/