ホストプロとしての意地で好位置につけた藤本!(撮影:ALBA)

写真拡大

<ISPSハンダグローバルカップ 初日◇25日◇ヴィンテージゴルフ倶楽部(6,774ヤード・パー71)>
 山梨県にあるヴィンテージゴルフ倶楽部で開幕した「ISPSハンダグローバルカップ」。ホストプロの藤本佳則は4バーディ・1ボギーの“68”でラウンド。3アンダーの11位タイにつけた。
国内男子ツアーをフォトギャラリーでチェック!
 風が強まった午後からのスタートだった藤本。他の午後スタートの選手が軒並みスコアを落としたが、「思っていたよりもゴルフになった」と安定したゴルフを披露。最終18番ではパーパットが3メートル残るピンチもあったが、これをきっちり沈めて3アンダーでホールアウト。「大きかった。気持ちよく終わることができた」と好位置で初日を終えたことに満足げだった。
 この日、藤本が同組で回ったのが、2011年の「マスターズ」覇者のチャール・シュワーツェル(南アフリカ)。先日の「全米オープン」では7位に入るなど世界でもトップ選手の1人だ。そんなマスターズチャンプは若武者の目にはどう映ったのか。
 「飛距離がすごいよね。17番(230ヤードのパー3)でも6番アイアンだもん(今季ドライビングディスタンス6位の藤本は5番アイアン)。しかもオナーで。あと、特にスプーンとかアイアンとか下から打つクラブが、自分よりも断然高く上げられる」と感嘆するばかり。それに加え、“ゴルフが丁寧なこと”も目を引いた。「時間のかけ方もそうだし、ミスしても落ち着いている。18ホールを通じて、どうすればスコアが良くなるかを考えている。これが世界かな」。
 だが、そのシュワーツェルにスコアでは勝ったことは自信につながるだろう。明日は風がまだ穏やかな午前スタート。大事なホスト大会。優勝争いをするためにも決勝ラウンドに向け明日もスコアを伸ばし1つでも上の順位に行きたいところだ。
<ゴルフ情報ALBA.Net>