YouTubeの映像

写真拡大

24日、動画投稿サイトYouTubeバイクを運転する警察官の映像が投稿された。

「警察官が一時停止無視!?」と題した投稿動画では、ユーザーがアクションカメラをヘルメットに装着して、偶然捉えたドライブレコーダー映像のようだ。同ユーザーはTwitterにも投稿している。



映像では投稿者の前方でバイクを運転する警察官が、一時停止線の前で停車せずに道路を右折している。

オートバイは、一時停止線において片足さえ地面に着いていれば、一時停止とみなされるとの見方もあるようだが、片足がどのタイミングでどの程度地面に着いているのかの判断は微妙なところだ。

ちなみに、道路交通法8節43条では「指定場所における一時停止」として「一時停止すべきことが指定されているときは、道路標識等による停止線の直前で一時停止しなければならない」と、厳密に明記している。



【関連記事】
トラック運転手の機転がネットで大反響 幅寄せして後続車に事故を知らせる
「とくダネ!」で名古屋市バスの相次ぐトラブルを特集 小倉智昭氏は乗客のマナーを問題視
郷ひろみ、自身をスピード違反で捕まえた警察への不満をポロリ 「そんな顔でチケット切るなよ」「その程度のスピードしか出してないのに」