小峠英二

写真拡大

24日放送の「真実解明バラエティー!トリックハンター」(日本テレビ系)でプロレスラーの蝶野正洋が、仕掛けられたドッキリ企画で盛大に驚く一幕があった。

番組では、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二と西村瑞樹が蝶野にドッキリを仕掛けた。このドッキリは非常に単純で、まず水の入った水槽に小峠が入った後、上から黒い布をかぶせる。そして、ドッキリの相手をできる限り水槽の前に近づけた後に布を取り払えば、小峠の顔がすぐ目の前に現れるというもの。

ところが、蝶野は、事前に用意された偽トークコーナーで、小峠に「テレビはあんまり好きじゃない」「特にドッキリ系みたいなのは、オレはホントにキライ」と明かしたのだ。蝶野の告白に小峠は呆然とした顔つきをみせたが、無情にもドッキリを仕掛ける時間が来てしまう。

そして、西村から水槽に珍しい夜行性の魚がいると聞き、蝶野はまったく疑うことなく水槽に近付く。夜行性のためという理由で西村は一度水槽に黒い布をかけた。そして布を取り払う直前、蝶野は、近過ぎるほど水槽にグッと顔を近づけていった。

その後、西村が勢いよく黒い布を取り払うと、蝶野は水槽のガラス越しに小峠と顔を突き合わせることに。蝶野は「あーーー!!!」と悲鳴を上げ、勢いよく後ろに飛び跳ね、カメラに大激突してしまう事態に。

西村によってドッキリ成功が告げられるも、蝶野はもはや収まりが利かず、小峠の首根っこをつかみ「何が成功なの?」と睨みつけた。

小峠は「蝶野さんが驚いたから大成功ってことじゃないです!」「ドッキリとかそういう類の大成功とは全然違いますね!」と必死の言い訳をみせた。

しかし、番組的には何度もリプレイ映像を流し「ナイスリアクション」と、蝶野の驚きぶりを高評価していた。

【関連記事】
蝶野正洋のドイツ人妻・マルティーナさんがドッキリ企画の仕掛けにマジギレ
バイきんぐ・小峠英二の自分勝手な行動にケンドーコバヤシがマジ説教
お笑い好きの長澤まさみがバイきんぐ・小峠英二を知らず、気まずい空気に