今季2勝目へ好位置!(写真提供:JGTO)

写真拡大

<LANDIC CHALLENGE 2015 ASSOCIA MANSION GOLF TOURNAMEN 初日◇25日◇芥屋ゴルフ倶楽部(7,161ヤード・パー72)>
 国内男子下部ツアーチャレンジトーナメント「LANDIC CHALLENGE 2015 ASSOCIA MANSION GOLF TOURNAMENT」が福岡県にある芥屋GCで開幕。初日を終えて、日本ツアー屈指の飛ばし屋、額賀辰徳が6アンダーで首位の池村寛世に2打差の2位タイにつけた。
ポールター、ダフナー…今週のレギュラーツアーは国際色満載!
 今シーズンは「HEIWA・PGM Challenge I 〜Road to CHAMPIONSHIP」で他を圧倒するゴルフで勝利しており好調を維持。この日のラウンドはティショットが安定していたという額賀は「厳しい展開にならなかったです」と振り返った。さらに、「今まであまり得意としていなかったコース。今年の感触は今までと違いますね」と語り、自身の成長も実感した1日となった。
 多くの選手が高麗芝に苦しむ中、オフの沖縄合宿を経験したことで、高麗芝に対する苦手意識も少なくなったことも好スタートの要因。持ち味のティショットと、パッティングが噛み合えば、逆転優勝も十分に可能性がある。「明日は天気が厳しいかもしれないけど、集中してボギーを減らしていきたい。2ケタアンダーに乗せられればチャンスですね」と意気込んだ。
 額賀と並ぶ2位タイには先週の「ミュゼプラチナムチャレンジトーナメント」で優勝した浅地洋佑。5アンダーの4位タイには大堀裕次郎、石丸昌史がつけている。
【初日の順位】
1位:池村寛世(-8)
2位T:浅地洋佑(-6)
2位T:額賀辰徳(-6)
4位T:大堀裕次郎(-5)
4位T:石丸昌史(-5)
6位T:すし石垣(-4)他

<ゴルフ情報ALBA.Net>