3月にアメリカのテキサスリレーで桐生祥秀(東洋大)が追い風3・3mの参考記録ながらも9秒87を出して優勝。日本人の9秒台突入に注目が集まってい る。桐生はその後、4月19日の織田記念では走りのリズムを崩して3位に止まったものの、5月2日の世界リレー(バハマ)では3走を務めて日本の銅メダル 獲得に貢献した。

 だが、桐生は関東インカレ(5月14日〜16日)準決勝で左脚ハムストリングス筋がつってしまい、決勝を棄権すると、ダイヤモンドリーグ・ニューヨーク 大会出場を目指して練習していた5月30日にケガをしてしまった(右太股裏肉離れ)。全治6週間と診断され、6月26日からの日本選手権を欠場する。ま た、桐生とともに9秒台候補と目されていた山縣亮太は腰痛が再発し、日本選手権に出場するものの調整不足は否めない。

 すでに、5月末のダイヤモンドリーグ・ユージーン大会で、中国の蘇炳添(そへいてん / スー・ビンチャン)が9秒99を出しており、アフリカ系以外のアジア人の9秒台突入争いで先を越されてしまった。そんななか、日本人初の9秒台を出す可能 性を持つスプリンターとして注目され始めているのが、26歳の高瀬慧(たかせけい/富士通)だ。

  もともと200mと400mを専門にしていた高瀬は、高3のインターハイでは両種目ともに準決勝で敗退していた。その後、順天堂大に入ってから徐々に 力をつけ、4年になった2010年には関東インカレの400mで優勝。実業団の富士通入りした11年には200mの自己記録を20秒53まで伸ばし、同年 の日本ランキング2位になった。

 11年世界選手権にはマルチスプリンターとしての能力を買われて1600m(マイル)リレーに出場。翌12年の日本選手権で200mを20秒42の自己 ベストで初制覇してロンドン五輪代表になった。ただし、リレーは400m(4継)ではなくあくまでもマイルリレー要員だった。

「ロンドン五輪では正直、(日本選手権の)200mで優勝しているのに、なぜ4継に出られないんだろうという疑問はありました。それで、4継に出るためにも『やはり100mを走らなければ』という思いが強く残りました」

 さらに、個人の200mを走って感じたのは、前半のスピードが必要ということだった。そこで、それまで敬遠していた100mも「本格的にやらなければ、という気持ちになった」という。

「これまでも100mをやりたかったですけど、ケガが多かったので断念していました。体ができていないから100mはやれないと考えていたんです。それに、横一線でスタートする緊張感があまり好きではないというか、怖さもあった」

 こう話す高瀬は、100mから400mまで走るなかでどの種目で世界と勝負するかを考え、200mという結論に至った。五輪や世界選手権の準決勝で20秒2台を出せば決勝進出の可能性が出てくる。そのためにも、100mに出場して、200mにつなげることを意識した。

 高瀬は、13年の冬にアメリカへ行ってトレーニングを積み、14年4月の織田記念で10秒13の自己ベストを出した。だが、帰国後は走り方がまったくわからなってしまう。

 今年のシーズンイン直前、その高瀬の表情に明るさが戻る。「去年も100mのスピードを上げて200mにつなげようと思ってやったけど、結局うまくいかなかった。でも、今年はつながるという手応えを感じている」

 手応えをつかむきっかけとなったのが、昨年9月末のアジア大会だ。夏場にどん底まで調子を落としながらも、100mの準決勝と決勝が行なわれる9月28日に照準を合わせて仕上げ、準決勝では10秒13の自己タイ。決勝で中国の蘇に競り負けたが10秒15で銅メダルを獲得した。

「あの時、100mのレースの感覚がつかめた。今まで積み重ねてきたものが一気に自分の中へ入ってきたんです。それまではコーチから『自分の走りをしろ』と言われても、どうすればいいのかわからなかった。それが、アジア大会ではすべてが研ぎ澄まされて、感覚的にわかった」

 その後高瀬は、世界大会の200m決勝進出を目標に、日本選手権の100mと200mで2冠を狙うことを自然と考えるようになった。そして、シーズン終了後にはフォームの改良を意識して、筋力づくりから取り組みを始めた。

 その成果が出たのは、桐生が9秒台で走った今年3月のテキサスリレーだった。200mで追い風参考ながら20秒09を出したのだ。5月10日のゴールデングランプリ川崎では、向かい風0・1mのなか10秒09で走り、中国の蘇を0秒01抑えて2位になった(優勝はウアウィルフリード・コッフィ/コートジボアール)。

「ここで標準記録(10秒16)を切ることを狙って、イメージ通りに走れた。それに、競り合いのなかで硬くならなかったことは収穫です。初めての10秒0台だけど、練習では手動計時でコンスタントに10秒0台が出ていたし、9秒台も出ていたので感慨はありません。だから、レースでの9秒台も十分可能な記録だと思っています」

 高瀬は「自分は向かい風でも記録が出るタイプですし、追い風が吹けば記録が出るというわけではない」とも話していた。ただ、ゴールデングランプリ川崎は1・5m以上の追い風が吹いていれば9秒台が出てもおかしくないレースだった。それは、高瀬に競り負けた蘇が、追い風1・5mで9秒99を出したことでも証明されている。

「僕が狙っているのは、リオデジャネイロ五輪の200m決勝進出。だから100mの9秒台や200mの19秒台に対してはあまり意識が向いていないというか、出るときは自然に出るだろうという感じです」

 26日に開幕する日本選手権では、200mは高瀬と藤光謙司との争いになることが予想されるが、100mは高瀬が頭ひとつ抜け出している状態だ。条件がよければ高瀬の9秒台突入は十分あり得る。それは彼が今、肉体や技術面だけでなく、精神面でも充実期に入ってきているからだ。

折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi