企業が新規事業立ち上げを成功させるには──「エンジニア・ドリヴン」な組織が生み出すイノヴェイション(2)

写真拡大

事業部をもたず、カジュアルなコミュニケーションでサーヴィスが改善されていく。やりたいことがあれば、許可を求めずにまず手を動かしてみる。リクルートライフスタイルがリリースしているキュレーションサーヴィス「ギャザリー」開発チームには、こうした自由な環境が整っている。過去に数々の新規サーヴィスを立ち上げてきた開発リーダーから、エンジニア・ドリヴンなチームのあり方を学ぶ。

「企業が新規事業立ち上げを成功させるには──「エンジニア・ドリヴン」な組織が生み出すイノヴェイション(2)」の写真・リンク付きの記事はこちら

高丸翔英|SHOUEI TAKAMARU
2008年に大手ECサイト運営会社に新卒入社。ポータルサイトの開発リーダーやプラットフォームのグローバル展開に開発リーダーとして携わり、マレーシア・インドネシア・スペイン・シンガポールのショッピングモールの立ち上げを担当。14年1月に、デジタルコンテンツプラットフォームを運営するヴェンチャー企業に入社。エンジニアとして、記事配信プラットフォームの開発・運用、新しいコンセプトのCGMの立ち上げを担当。15年3月にリクルートライフスタイル入社。わずか2週間で、キュレーションメディア「ギャザリー」の開発リーダーに就任。

新規事業立ち上げのエキスパートがやって来た

「これからは、エンジニアでもビジネス的な視点もふまえた上で自由に事業を立ち上げることのできる環境に身を置き、さまざまなサーヴィスとの連携も考えつつ新たな事業を立ち上げてみたい」

これまでエンジニアとして、数々の新規サーヴィスの開発に関わってきた高丸翔英がリクルートライフスタイルへの転職を決めたのは、そんな思いからだった。

新卒で大手ECサイト運営会社に入社し、新規事業を担当するエンジニアとして国内の各種サーヴィスや海外でのECサイトの立ち上げを担当した高丸。その後、創業後数年というヴェンチャー企業へと転職し、エンジニアとして新たなサーヴィスの立ち上げに参加した。大企業とヴェンチャー企業でそれぞれ新規事業の立ち上げに関わってきた高丸だったが、数多くのサーヴィスをすでに運用しつつ次々と新たな事業が誕生するリクルートライフスタイルでは、サーヴィス連携という点でも新たな挑戦ができると感じていた。

こうして2015年3月にリクルートライフスタイルに入社した高丸は、転職後わずか2週間でキュレーションメディア「ギャザリー」の開発リーダーに就任する。高丸が入社する直前に一般向けのサーヴィスを開始したばかりの「ギャザリー」は、高丸のように数多くの新規事業の立ち上げに関わった人物を求めていたのだ。現在「ギャザリー」では、高丸のリーダーシップの下、徐々に機能拡張を進めている。

事業部をもたない自由な組織

「ギャザリー」を担当するチームは、リクルートライフスタイルの運営する他のサーヴィスとは異なり、事業部をもたない組織となっている。そのため、エンジニアも自由な発想で新たなアイデアや機能を提案したり、新テクノロジーを採用できる環境にあるという。「正式に許可を取らなくても、新しい機能を追加したいと思えばエンジニアは自ら手を動かしますし、新しい技術を使いたいと思えばすぐに使えます」と、高丸はその自由な環境を説明する。

高丸も、この環境を大いに活用している。リクルートライフスタイルでは従来、サーヴィスの提供にあたって社内独自のインフラを採用することが多いが、高丸は現在Amazon Web Services(AWS)を活用して開発を進めている。また、開発手法にはスクラム開発を取り入れた。「既存の事業だとチームにメスを入れるような形で変更する必要があったかもしれませんが、『ギャザリー』は新規チームのため、新たな技術や開発手法もすんなり導入できました。エンジニアとして働くにあたり、技術的にチャレンジできる場があることはとても大切です」(高丸)

新機能を取り入れたい場合も、スクラムのバックログで新機能を提案して優先度を検討する。皆が同じ方向を向いているかどうか確認しながら、自然と新たな機能が少しずつ誕生していく。カジュアルなコミュニケーションだけで仕事が順調に進むのも、「事業部が存在しないことが理由なのかもしれません」と高丸は言う。




高丸が中心となってリリースした機能のなかには、検索機能や改善されたレコメンデーションなどがある。「ユーザーによりたくさんの記事を読んでもらうため、徐々に機能を強化し、順にリリースしています。新機能によって実際に回遊率が上がっているのを数値で確認できるとうれしいですね」(高丸)

こうして順調に「ギャザリー」の開発を進める高丸は、新規事業を動かすために必要なこととして、「この事業は何のためにやっているのか、何が売りなのか、どのように事業が回るのかを考えること」を挙げる。事業の全体像を把握することは、経営者だけでなく現場の人間にとっても重要なことだというのだ。「エンジニアでも単にコードを書くだけでなく、幅広い視野をもって事業全体の本当の意味を考えることで、より良い事業になりますからね」と高丸は述べている。

エンジニアの存在感を高めたい

リクルートライフスタイルに転職したことで、「ギャザリー」という新規事業に関わっている高丸だが、現在同社のエンジニア組織そのものが立ち上げ段階にある点も高丸にとってはうってつけだった。

「いいタイミングで転職できたと思っています。いまリクルートライフスタイルのエンジニア組織は変革期にあり、自分の力がどれだけ生かせるか見極めることもできますから」と高丸は言う。

リクルートといえば営業の会社という印象が強く、「エンジニアが安心して新規事業に取り組めるのも、その高い営業力があるからこそ」という点は高丸も認識している。ただ、「実際にこの会社で働いてみると、エンジニアチームにも技術に尖った人がたくさんいます。ぼく自身、好きな言語の動向はしっかり把握するようにして、毎週行われる社内発表会でもよく発表しています」と高丸。今後は社内だけでなく、社外にもエンジニアの存在をアピールし、「リクルートライフスタイルをエンジニアの会社にする」という目標を高丸は掲げている。

これまでにないようなサーヴィスの誕生に向けて

現在は主に「ギャザリー」の発展に注力する高丸。しかし、高丸の新規事業への熱はひとつのサーヴィス内にとどまることはない。今後は「新技術を駆使して他の企業が取り組んでいないようなことにもチャレンジしてみたい」という。

リクルートライフスタイルでは、ユニークな発想が自然と生まれるよう、新技術や新規デバイスなどが社内のさまざまな場所に置かれているという。高丸がいま個人的に興味を持っているのは、入社してすぐ対面したパーソナルロボットだ。

「社内に何台かPepperが置かれていて、個人でプログラムしている人もいるので、そこからいままでのリクルートにはないような事業が生まれる可能性があります。私自身、人間の感情に入り込むようなロボットが今後注目されると感じているので、そういった分野にも挑戦してみたいですね」

未知の領域にも足を踏み入れようとする発想と勇気。数々の新規事業の立ち上げに関わってきた高丸の経験が、今後のリクルートライフスタイルの行方をも左右することになるかもしれない。

リクルートライフスタイル・エンジニア採用特設サイト