ラブストーリーから感動作まで幅広く演じる岡田将生がアクションに挑む

写真拡大

岡田将生主演の映画「ストレイヤーズ・クロニクル」が、2015年6月27日に全国の映画館で公開される。

岡田将生、染谷将太はじめ若手注目株のキャスト勢揃い

1990年代初め。ある極秘機関の実験により、別々の方法で生み出された2組の「進化した」子供たちが誕生した。彼らは通常の人間にはない「特殊能力」を持つことと引き替えに、20歳前後までしか生きられない宿命を背負っていた。成長した彼らのうち1組は希望を信じて能力を未来のために使おうとし、もう1組は絶望して未来を破壊しようと決意。彼らの能力を利用しようとする権力者たちが暗躍する中、人類の未来を決する、切なく壮絶なバトルが始まる―。

本多孝好さん原作のアクション小説を、「ヘヴンズストーリー」「アントキノイノチ」の瀬々敬久監督が映画化。超視覚を持ち「チームスバル」を率いる主人公「昴」を岡田将生、対立する「アゲハ」のリーダーで、致死率80%のウイルスを体に宿す「学」を染谷将太が演じる。そのほか成海璃子、松岡茉優、黒島結菜ら若手注目株のキャストが勢揃いする。