暑い季節なのにクーラーの効いた部屋に長時間いると、手足の先が冷えてしまうなんてことはありませんか? 冷え症に悩むのは女性ばかりでなく、男性も冷え症の方が増えています。手足の先が凍るように冷えてしまうのは末端冷え症。その症状を改善するために、生姜の“ジンゲロール”という成分がいいのです。

末端冷え症の改善は血行の促進がカギ!

手や足など体の末端が冷えてしまうのは、血液が十分に行き渡らないからです。血液は心臓から体のすみずみまで送り出されますが、体温を作るのは筋肉や胃、肝臓などです。ここで温められた血液が体全体に行き渡れば冷え症は改善されます。手や足の先は心臓から最も遠い所にあるため、血液が行き渡りにくく末端冷え症の症状となってしまいます。

血行を促進するには体温を上げること!

血液がドロドロの状態では、血流は滞りがちになってしまいます。生活習慣を見直すことはもちろんですが、体温を上げることによっても血流を増やすことができます。十分に温められた血液が体のすみずみまで行き渡れば、手足の血管が開いてポカポカしてきます。末端冷え症が原因で起こる頭痛や肩こり、生理痛などの症状も改善することができます。

冷え症を改善する“ジンゲロール”とは?

ジンゲロールとは、生姜の辛みのもととなる成分です。生姜には体温を上げて、体をポカポカにする効果があると言われていますが、それはジンゲロールの働きによるものです。ジンゲロールには、体の末端の血管を拡張させて血行を良くする効果があります。ジンゲロールには、血栓を溶かしたり血液の循環を良くする効果もあるので、血液をサラサラにして手足を温めることができるのです。

乾燥生姜ならもっと効果的?

生姜を乾燥させると、ジンゲロールの一部はショウガオールという成分に変わります。ジンゲロールでも手足の先端を温める効果はありますが、体の別の部分の熱を奪っているという側面もあるのです。ショウガオールであれば胃腸を刺激して血行を促進する効果があるので、内臓から体温が発生して体全体がポカポカに! ジンゲロールで末端を温めて、ショウガオールで内臓を温めるダブル効果が実感できるはずです。


writer:岩田かほり