『青鬼 ver.2.0』 ©2015 noprops・黒田研二/『青鬼 ver.2.0』製作委員会

写真拡大

7月4日から公開される映画『青鬼 ver.2.0』の予告編が公開された。

【予告編を見る】

『青鬼 ver.2.0』は、フリーゲーム『青鬼』をもとにした映画の第2弾。同級生のシュンが不登校になった原因だという廃墟「ジェイルハウス」を訪れた少年と少女たちが、青鬼や亜種「フワッティー」に遭遇する様子が描かれる。

予告編では、歯をむき出しにして迫る青鬼やフワッティーの姿に加えて、シュンの様子を見に向かう途中でジェイルハウスに引きずり込まれてしまうひろし役の中川大志、ひろしと共にジェイルハウスに閉じ込められる杏奈役の平祐奈、肝試しの動画実況をするためにジェイルハウスを訪れた卓郎役の松島庄汰、美香役の久松郁実、たけし役の勧修寺玲旺の姿も確認できる。さらにジェイルハウスで起こる出来事と、シュンが制作したゲームの世界がリンクしているという事実にひろしが気づく場面なども盛り込まれている。

■中川大志のコメント
『青鬼 ver.2.0』ということで、バージョンアップした作品です。そのために監督以下、共通の意識で撮っていました。特に今回は初登場のフワッティーが新キャラクターで出ていて、これはけっこうポイントです(笑)。フワッティーが出てくるシーンは力入れて撮ったシーンでもあるので、そこはすごく面白くなっていると思います。1人1人の登場人物の内面の部分も描いているので、ドラマも見逃せないです。軽い気持ちで映画館へ行って、後でびっくりしていただいてもいいですね(笑)。しかも人間模様も丁寧に描かれているので、観終わった後に何か残っていただけたらと思います。

■松島庄汰のコメント
青鬼が無駄にリアルですよね(笑)。前作を観た時に、どれだけって思いましたもん。そういう意味では、今回も期待ですよ! バージョンアップですから。感想が楽しみです!

■平祐奈のコメント
この作品と出会ってから、ホラー作品を楽しみに観るようになりました! だから、グロいけれど、わたしみたいにホラーを克服できる人がいるかもって思います。女の人は、フワッティーとか見た目がかわいいので、ちょっと楽しみな気分で劇場に行けるかなって。普通のホラーと青鬼は違うので、ゲーム感覚で楽しみにしてほしいですね!