中国メディア・中国新聞社は24日、日本の和歌山電鉄で「猫の駅長」として人気を集めていた三毛猫のタマが22日、人間に換算すると約80歳の天寿を全うして死亡したと報じた。(写真は中国新聞社の24日付報道の画面キャプチャ)サーチナ

猫の駅長として人気を集めた「たま」 死の前日の姿を語る

ざっくり言うと

  • 和歌山電鉄の貴志駅で人気の三毛猫駅長「たま駅長」が22日、死亡した
  • 前日、療養先を見舞った小嶋光信社長の声に「にゃあ」と答えたという
  • 小嶋社長は「名誉永久駅長として永遠にその名を刻み、残したい」と表明した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング