骨を強くするために飲む人もいれば、不調を和らげるために飲む人も……。普段の食事にプラスして、サプリメントからも栄養を補っている方も多いはず。しかし、サプリメントにも、守らなければいけない“正しい飲み方”があるんです。そこで今回は、適当に飲んじゃダメ! サプリメントの飲み方・選び方をご紹介いたします。

サプリメントの目的をおさらい

はじめにサプリメントの目的についておさらいしておきましょう。そもそも、なぜサプリメントから栄養を補給する必要があるのでしょうか。

本来、きちんとバランスのとれた食事をとっていれば、サプリメントを摂る必要はありません。しかし、ほとんどの人がきっちりとした食事をとれていないことが多く、例えば健康的な食事の目安である1日30品目を毎日欠かさず食べるなんて、とても大変なことですよね。

忙しい毎日をおくる中で食事のバランスだけ考えるわけにもいきません。そこで、効率よく栄養を補うために便利なのが「サプリメント」なんです。厚生労働省もトクホ商品の支援や機能性表示食品のスタートなど、サプリメントや機能性食品に前向きな態度を示しています。つまり忙しい現代人であれば上手にサプリメントを活用しながら体調を整えていくことが重要なのです。

サプリメントの正しい摂り方

サプリメントはあくまでも食品です。薬ではないので「1日○回」という決まりも特にはありません。ただし、栄養成分を効率よく吸収したいなら、胃腸の活動が活発になっている「食後」がオススメ。水溶性の栄養分の場合、ある程度、時間が経つと、尿から体外にでていってしまうので、1日分を1回で飲むよりは、数回に分けて摂取するようにしましょう。

サプリメントを毎日摂ることによって過剰摂取にならないか、心配する人がいますが、水溶性のビタミン剤は、使われなかった分は尿としてでていくので、過剰摂取の心配はありません。また、蓄積できる脂溶性のビタミンに関しても、ベータカロチン以外は、症状がでるということはほとんどないはず。

サプリメントの効果を最大限、活かすためには正しい飲み方をマスターしておく必要があります。どんなに飲んでも過剰摂取にはなりませんが、サプリメントだけに頼らず、普段の食生活を改善していくことも大切なんですよ。サプリメントを飲むときは“飲み方”を意識していきましょう!


writer:山口 恵理香