WOWOWの解説に登場した手倉森誠監督、U-22日本代表の「秘密」を明かす

写真拡大

現在チェコで開催されているU-21欧州選手権。

23日、グループAの第3節チェコ対ドイツ戦が行われたのだが、この試合を日本で解説したのがU-22日本代表監督を務める手倉森誠氏だった。

リオ五輪のヨーロッパ最終予選も兼ねるこの大会。

日本でのブロードキャスティングを担当する『WOWOW』は、育成年代に精通するスペシャリストたちを解説に迎えており、その豪華さがちょっとした話題になっていた(WOWOWさん、ご紹介いただきありがとうございます!)

中でも最も驚かせたのは、現役U-22日本代表監督である手倉森氏の起用だろう。いくらリオで対戦する可能性があるとはいえ、現役の代表監督がこうした場で解説をするのはとても珍しいことである。

さて、そんなこの日の中継では手倉森氏がU-22日本代表に関するちょっとおもしろい話をしていたのでご紹介。

発端は、実況の山田泰三氏がU-21ドイツ代表GKマーク=アンドレ・テア・シュテーゲンについてある情報を読み上げたことである。

今回のドイツ代表にはテア・シュテーゲンの他レヴァークーゼンGKベルント・レーノやケルンGKティモ・ホルンといった次世代を担う凄腕GKが名を連ねている。

中でもテア・シュテーゲンとレーノは10代の頃から鎬を削ってきたライバル。若い頃には合宿中同室になり、レーノの長電話にテア・シュテーゲンが激高したこともあるそうだ(テア・シュテーゲンは先日の記者会見ですでに仲直りしていることを認めている)。

そういったエピソードを聞いた手倉森監督は、こんなことを話していた。

「代表チームでは、私はGK同士を同部屋にしないんです」

この方針について手倉森監督は、「レベルを高めるにはすぐそばにライバルがいることも必要」としつつ、「(それでも)仲が良すぎても困る」と話していた。

GKはポジションが一つしかない特別なポジション。やはり、ピッチ以外のところでもそういった配慮があるようだ。

ちなみにこの手倉森監督であるが、解説の経験は比較的浅い(ひょっとしてこの日が初めて?)。しかしそれでも、論理と感情を混ぜた素晴らしい解説を見せていた。

東北なまりの口調は変わらず、両チームの戦い方をシンプルに指摘。

WOWOWでは第2節のチェコ対セルビア戦をオンデマンドサービスのみで放送していたのだが、その試合もしっかりとチェックしていた模様。この時期は代表発表に向けたタスクが多かったはずだが、解説に向けた準備も怠っていなかったようだ(もちろんスカウティング的な意味合いもあるだろうが)。

そして、チャンスの際には「おおお!」と思わず声をあげるなど、試合を楽しむ心も忘れていなかった。ハーフタイムには他会場のデンマーク対セルビア戦のハイライトが流れたのだが、その映像をニヤニヤしながら見ていた姿が今になっても忘れられない。

お得意のダジャレこそ炸裂しなかったが、将来的に解説者としての可能性も感じさせる腕前であった。

ちなみに手倉森氏いわく、日本代表のハリルホジッチ監督はよく「おれは現役の頃、テクニックのあるFWだった」と自分で話しているらしい。

そんな手倉森誠監督率いるU-22日本代表は7月1日(水)、ユアテックスタジアム仙台でU-22コスタリカ代表と国際親善試合を戦う。