『白い沈黙』ポスタービジュアル ©Queen of the Night Films Inc.

写真拡大

アトム・エゴヤン監督の新作映画『白い沈黙』が、10月から東京・有楽町のTOHOシネマズ シャンテほか全国で順次公開されることがわかった。

【もっと大きな画像を見る】

『スウィート ヒアアフター』『エキゾチカ』などで知られるエゴヤン監督による同作は、ある吹雪の日に失踪した9歳の少女キャスと、失踪から8年後に彼女の生存をほのめかす手がかりを見つけ出し、やがてある真実に直面する父親マシューを巡る物語を描いた作品。時系列を複雑に錯綜させながらパズルのピースを埋めていく緻密な構成で、少女の失踪事件をミステリアスに描いている。

マシュー役には『[リミット]』『デンジャラス・ラン』のライアン・レイノルズ。さらにキャストにはミレイユ・イーノス、ロザリオ・ドーソン、スコット・スピードマンらが名を連ねている。なお、同作は『第67回カンヌ国際映画祭』コンペティション部門に出品された。