写真提供:マイナビニュース

写真拡大

任天堂が5月28日に発売したWii U用ソフト『Splatoon(スプラトゥーン)』が、発売からおよそ1カ月で世界累計販売本数100万本を突破したことが24日、明らかになった。欧米は5月29日、オーストラリア・ニュージーランドは同月30日に発売された。

本作は、スプラシューターなどさまざまな"ブキ"から射出されるインクの範囲を競う「ナワバリバトル」を繰り広げる新感覚アクションシューティングゲーム。イカの姿になると自分のインクの中を潜って泳ぐことができるというユニークな設定と、シンプルでわかりやすい遊び方、そしてポップなデザインが大きな支持を集めていた。

今回、販売本数100万本を記念した企画も実施中。ミュージシャンのROLLYが「インクびちゃびちゃ〜」と歌うオリジナルソングに合わせ、ナレーションを務めている『Splatoon』のウェブ限定CMが公開されているほか、公式Twitterではユーザーへの感謝の気持ちを込め、制作スタッフによって描かれた登場キャラクターたちのイラストが公開されている。

『Splatoon』はパッケージ版ほか、ダウンロード版も発売中。価格は5,700円(税別)。

(C)2015 Nintendo