忙しい毎日を送っている現代人はサプリメントを利用している人も多いはず。でも、飲んでもいまいち効果が実感できないなんてことはありませんか? 実は、サプリメントに含まれる成分によって効果的な飲み方が違うのです。

美肌を作るビタミンB群、C、Eは毎食後が効果的

ビタミンB群には代謝を助け皮膚や神経を健やかに保つ効果が、ビタミンCには抗酸化作用でシミやそばかすを防ぐ効果が、ビタミンEには血行を促進して美肌を保つ効果があります。これらのビタミンは水溶性なので、大量に摂っても尿と一緒に排出されてしまいます。1日2回〜3回に分けて食後に摂取しましょう。ビタミンB群は運動に必要なエネルギーの代謝に係わっているので、スポーツの30分くらい前に摂っても効果があります。

粘膜や骨を強くするビタミンA、Dは食事と一緒に摂取

ビタミンAには全身の粘膜を強くする効果が、ビタミンDには骨や歯を丈夫にして骨粗しょう症を防止する効果があります。これらのビタミンは不溶性なので、食事と一緒か食後すぐに摂取しましょう。特に、脂分が多い食事と一緒に摂取すると吸収率が高まるという特性があります。空腹の時に飲んでも吸収率が下がってしまい、せっかくの効果が活かせません。

カルシウムやマグネシウムはいつ飲むのがいい?

重要なミネラルであるカルシウムには骨を強くして精神を安定させる働きが、マグネシウムには筋肉の収縮を助け疲労回復の効果があります。これらのミネラルは食後すぐに摂取すると胃酸を中和して消化を妨げてしまうので要注意。食事の間の午後3時ごろ摂取するのがいいと言われています。これ以外のミネラルは食事と一緒か食後すぐ飲むのがおすすめです。

美肌効果のコラーゲンは就寝前に!

肌の70%がコラーゲンでできていると言われるほど、美肌には欠かせない成分です。その効果を最大限に活かすには、就寝の1時間〜2時間前に飲むのがベストです。皮膚の新陳代謝は夜10時〜2時が最も活発になると言われているので、その時間に合わせて摂取しましょう。もちろん、早めに就寝するのもお忘れなく。ビタミンCと一緒に摂取すれば、よりコラーゲンの働きが促進されます。


writer:岩田かほり