決勝点の阪口夢穂、佐々木監督の言葉は「特に意識してなかった」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の決勝トーナメント1回戦が23日に行われ、オランダ女子代表と対戦したなでしこジャパンが2−1の勝利を収め、ベスト8進出を決めている。

 なでしこは立ち上がりから攻勢を強めると10分にDF有吉佐織の代表初ゴールで先制に成功する。1−0で折り返して後半を迎えると、主導権を握りながらもなかなか追加点が奪えない展開が続く。それでも78分、MF阪口夢穂がミドルシュートで待望の2点目を挙げると、終了間際に失点を喫したものの2−1でオランダを下した。

 貴重な追加点を決めた阪口は試合後、「先制点を取れたところはプラン通りだったんですけど、やっぱり後半押し込まれる時間があったので苦しかったです。でも勝ててよかったです」と振り返っている。

 自身のゴールについては「なんとか1点取りたい時間で取れたので、それでチームもちょっと楽になったのかなと思います」とコメント。

 試合前日に佐々木則夫監督は、「阪口がミドルシュートを決めてくれれば」と期待していたが、「まあ特に意識はしてなかったですけど、いいボールがきたら絶対振りぬこうと思っていたのでよかったです」と話している。

 そして、「やっぱりオランダは勢いがありますし、終盤1点取られましたけど、ほんとに勝ててよかったです。帰ってオーストラリアの分析をしっかりして、みんなで話し合いたいと思います」と次の試合に向けて気を引き締めた。

 なでしこジャパンは、27日に準々決勝でオーストラリア女子代表と対戦する。