華麗な連係から鮮やか弾、MF阪口「チームも少しは楽になったかな」

写真拡大

[6.23 女子W杯決勝T1回戦 日本2-1オランダ]

 鮮やかにつながれたボールを、これまた鮮やかに蹴り込んだのは背番号6だった。1-0とリードして後半を迎えると、オランダに決定機を作られたものの何とかしのいだなでしこは、後半33分に追加点を奪う。

 前線でボールを受けたFW大儀見優季がPA内に進入。左サイドを駆け上がったMF宮間あやへヒールパスを通すと、宮間のマイナスのパスをFW岩渕真奈がスルー。ここで待ち構えていたのがMF阪口夢穂だった。左足から放たれた狙いすましたシュートは、鮮やかにネットを揺らしてリードを2点差に広げた。

「先制点を取れたところはプランどおりでしたが、後半は押し込まれる時間帯があった」と振り返った阪口は、「何とか1点取りたいところで取れたので。良いボールが来たら絶対に振り抜こうと思っていましたし、チームも少しは楽になったかなと思います」と自らの貴重なゴールを喜んだ。

 終盤にオランダに1点を返されながらも、粘り強い守備で同点ゴールを許さずに2-1のまま逃げ切り、ベスト8進出を決めた。「苦しかったですけど、本当に勝てて良かった」と安堵の表情を見せた阪口だったが、「帰ってオーストラリアの分析をして、皆で話し合いたい」と次戦に向けて気を引き締め直した。


●女子W杯2015特集