佐々木監督また謝罪「ハラハラ、ドキドキすいません」

写真拡大

[6.23 女子W杯決勝T1回戦 日本2-1オランダ]

「すいません。最後、いつもハラハラ、ドキドキさせてしまって」。佐々木則夫監督の第一声は、またも謝罪だった。

 前半からなでしこは試合の主導権を握りながらゲームを進めた。前半10分にDF有吉佐織のゴールで幸先よく先制に成功すると、追加点はなかなか奪えずにいたが、後半33分にMF阪口夢穂が2点目を奪い、勝利を決定的なものにした。

 ただ後半アディショナルタイム、オランダの何でもないヘディングシュートをGK海堀あゆみが処理をミス。1点差に詰め寄られると、その後も圧力をかけられた。残り時間もなかったことから何とかしのぎ切ったが、グループリーグでも出た課題を払拭することは出来なかった。

 しかし佐々木監督は、前向きな評価も口にした。「リードしていれば、相手は圧力をかけてくる。もう少し、シンプルなミスがなければ合格点なんですけど、一つ一つ上がってはきていると思うので、次につなげていきたい」。次戦は中3日で迎えるオーストラリア戦。「やっとベスト8。日本で応援してくれている人たちのためにも、精一杯準備をしてやっていきたい」と次戦を見据えた。


●女子W杯2015特集