代表初ゴールが貴重な先制点、有吉佐織「思いっきり振ったら入った」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の決勝トーナメント1回戦が23日に行われ、オランダ女子代表と対戦したなでしこジャパンが2−1の勝利を収め、ベスト8進出を決めた。

 なでしこは10分にDF有吉佐織が先制点を挙げると、78分にはMF阪口夢穂が2点目を奪う。終盤オランダに1点を返されるも、2−1の勝利を飾り準々決勝へと駒を進めている。

 この試合で代表初ゴールを挙げた有吉が試合後のインタビューに応えた。

 まずはじめに、「ほんとに勝ってほっとしてます」と話した有吉は、得点シーンについて「最初のシュートだったので思いっきり打ってこうと思って思いっきり振ったら入ったので、ほんとによかったです」と、代表初ゴールを喜んだ。

 そして試合の内容を振り返り、「今日は距離感もよくてワンタッチ、ツータッチでボールも動いてたので流れの中で点を取ることができてよかったです」と満足感を示している。

 終盤の失点については「最後だったのでしっかり声かけながら守っていて、失点をゼロで終えたかったですけど、でも次に活かしたいと思います」と話し、「いい準備をして次も頑張りたいです」と意気込みを語った。

 なでしこジャパンは、27日に準々決勝でオーストラリア女子代表と対戦する。