なでしこ、オランダ下して8強進出…佐々木監督「ミスがなければ合格点」

写真拡大

 FIFA女子ワールドカップ・カナダ2015の決勝トーナメント1回戦が23日に行われ、オランダ女子代表と対戦したなでしこジャパンが2−1の勝利を収め、ベスト8進出を決めた。

 大会連覇を目指すなでしこは10分に有吉佐織の代表初ゴールで先制点を挙げると、1−0で迎えた78分に阪口夢穂のミドルシュートで待望の追加点を奪う。後半アディショナルタイムに1点を返されるも逃げ切り、2−1の勝利を飾った。

 試合を振り返った佐々木則夫監督は「最後いつもハラハラ、ドキドキさせてしまってすいません。でも選手たちは最後までよく頑張ってくれた。これを弾みに次、オーストラリア戦頑張りたいです」と、終盤の失点に苦笑いをみせつつも、選手を称えた。

 内容については「もう少しシンプルなミスがなければ合格点なんですけどね、一つ一つ上がっては来てると思う。リードしてればもちろん相手は攻めてくる。それを冷静に対応していくということですね」と、徐々にチームのプレーが向上してきていると話している。

 まずは決勝トーナメント1回戦を突破したが「やっとベスト8ですから、ベスト4目指して、日本で応援してくれてる皆さんのためにも精一杯準備してやっていきます」と意気込みを語った。

 なでしこジャパンは、27日に準々決勝でオーストラリア女子代表と対戦する。