『妖怪ウォッチ』、海外でも大ヒットの予感:英WIRED記者のE3レポート

写真拡大

コンピューターゲームの見本市「E3」で、ニンテンドー3DS用ゲームソフト「妖怪ウォッチ」の英語版が披露された。欧米でも大ヒットする可能性がある。UK版『WIRED』がレポート。

2015年6月16〜18日(現地時間)にロサンジェルスで開催された今年の「E3」で、任天堂は英語版「妖怪ウォッチ(YO-KAI WATCH)」を初披露した。ソーシャルメディアでの動きを見るかぎり、現在はあまり注目されていないが、これは大ヒットする可能性がある。

「『妖怪ウォッチ』、海外でも大ヒットの予感:英WIRED記者のE3レポート」の写真・リンク付きの記事はこちら

ニンテンドー3DS用のゲームソフト「妖怪ウォッチシリーズは、日本で「ポケモン」シリーズにも迫る勢いの大ヒットを記録している。日本では現在、シリーズ3作品を合わせて500万本を売り上げている。

英語版では、ネイサン・アダムスという少年(日本語版ではケータ[天野景太])を中心にゲームは展開する。ネイサンは、森で出会ったお化けから、作品名のもとになっている「腕時計」をもらう。ネイサンと彼の新しい友達ウィスパーは、この腕時計を使ってほかの妖怪と仲間になったり、戦ったりする。ほとんどの妖怪は単なるイタズラ好きだが、なかには悪者もいる。

ゲームには200種類以上の妖怪が登場し、それぞれが日本の伝説に基づいている。子供たちの「全部捕まえなきゃ」心をくすぐるにはそれだけで十分だが、おそらく多くの大人のプレイヤーたちにとってもそうだろう。

ロールプレイングゲーム(RPG)とモンスターハンティングのハイブリッドである「妖怪ウォッチ」シリーズの開発は、「レイトン教授」シリーズでおなじみのゲームソフト開発会社、レベルファイブが手がけた。

あの素晴らしい「二の国」シリーズをプレイしたことがある人ならおわかりのように、レベルファイブの作品のクオリティーは非常に高く、それは「妖怪ウォッチ」でも同様だ。見て楽しく、プレイしても楽しい。

レベルファイブは、「マップ上での妖怪探し」から「妖怪のデータ管理」「妖怪たちとのバトル」まですべてに、3DSのタッチ操作を組み込んでいる。ゲームプレイ機能の多くは、従来型のコンソールではまったく機能しない。

驚くほど奥深いバトルシステムと、強迫性障害(OCD)を引き起こしかねないコレクトマニア(収集狂)要素だけでも多くの新しい欧米ファンを取り込むのに十分だが、忘れてならないのは、今後行われるはずの派手なライセンシング展開だ。シリーズ第1作が2013年に日本で発売されて以来、コミックやアニメシリーズ(現在、74話まで放送)、映画、そして山ほどのグッズが生み出されてきた。

「妖怪ウォッチ」には、欧米に上陸する前から、攻撃の準備が整った「マーケティングマシーン」がすでに存在するのだ。

TAG

GameNintendoVideoWIRED UKYo-KaiWatch