Doctors Me(ドクターズミー)- 耳の奥の石がズレる?『頭位めまい症』って何?

写真拡大

カンニング竹山も再発。ストレスで病院へ…

お笑い芸人・カンニング竹山が19日放送のラジオ番組「たまむすび」(TBSラジオ)に出演し、ある番組の企画で経営権を購入したハワイのかき氷店のオープン準備によるストレスで、持病に悩まされていることを明かした。(詳細)

竹山さんは、昔から頭位めまい症という、耳の奥の石がズレたりするとめまいが起こる病気にかかっているらしく、「ストレスで石が動いて病院に行きました。」と告白しています。

では、頭位めまい症とはどのような病気なのでしょうか?

良性発作性頭位めまいについて

耳石の異常により起こると考えられているめまいです。耳に原因があるめまい症状の中でおよそ4割を占める良性疾患です。

どんな症状が出るのでしょうか?

以下が挙げられます。

・回転性のめまい
・浮遊性のめまい
・立ちくらみ

中には、

・吐き気・嘔吐

などを伴う場合もあります。

耳鳴りや難聴などの症状は伴わず、数週間から3か月以内で症状は自然治癒しますが再発する場合も多くあります。

原因はどんなことが考えられますか?

内耳にある耳石の異常にあると考えられています。
耳石とは内耳の中で体のバランスをとるために働くミクロの石のことです。この耳石がなんらかの原因で剥がれ落ち、三半規管に入ってしまったことが良性発作性頭位めまいを引き起こす原因と考えられているのです。

発症を予防することはできるのでしょうか?

良性発作性頭位めまいの発症を予防することはできませんが、発症してしまったら頭の動かし方を気を付けることで発作を予防していくことができます。

発作予防方法として、下記などが挙げられます。

・症状のある側の耳は上にして寝る
・朝起きる時はできるだけゆっくり起きる
・頭はできるだけ下げない

そのままでも数週間で自然治癒する病気ですが、リハビリテーションや耳石を元に戻すための理学療法を行うことによって早く治癒することが望めます。

「良性発作性頭位めまい」の詳細情報はこちら