『ムカデ人間3』 ©2014 SIX ENTERTAINMENT COMPANY

写真拡大

8月22日から東京・新宿武蔵野館ほか全国で順次公開される映画『ムカデ人間3』の場面写真が公開された。

【もっと画像を見る】

同作は、刑務所の所長が囚人たちに罰を与えると同時に食費を削減するため、約500人の囚人の口と肛門をつないで数珠つなぎにしようとする様子を描いた作品。

今回公開された場面写真では、オレンジ色の囚人服を着た囚人たちが刑務所内の屋外施設で数珠つなぎになっている様子をはじめ、第1作目でハイター博士役を演じたディーター・ラーザー演じる刑務所長・ビルの姿、第2作目でムカデ人間を作成したマーティン役のローレンス・R・ハーヴェイ演じる刑務所の会計担当兼助手のドワイト、第1作目でムカデ人間の先頭を務め、今回は囚人役を演じる北村昭博、刑務所長の秘書役を演じるポルノ女優のブリー・オルソンらの姿が捉えられている。なお、同作は過激な表現を含むため、R18+指定で上映される。

2011年公開の『ムカデ人間』は、3人の人間の口と肛門をつないで「ムカデ人間」を創り上げるという欲望を抱えた狂気の医師・ハイター博士を描いた作品。2012年公開の『ムカデ人間2』では、12人の人間をつなげてムカデ人間化する様子が描かれた。

■トム・シックス監督のコメント
『ムカデ人間』は、三部作でひとつの“映画ムカデ人間”を形成しているのだ。
文字通り、3つの映画はつながっている。
『ムカデ人間2』は『ムカデ人間』のケツから始まり、『ムカデ人間3』も『ムカデ人間2』のケツから始まる。各作品は互いに消化し合っているのだ。
そして『ムカデ人間3』の後に残されるのはクソだけだ。
我々の日常と同じく、最後に勝者となるのは悪いヤツだ!