1日数回の「合掌ポーズ」で、水原希子のような「重力に負けない美バスト」を育成する

写真拡大

 女優でモデルの水原希子がここ数日、友人とのリゾート旅行の写真をインスタグラムで公開。スレンダーボディを惜しげも無くさらけ出し、話題になっている。

「ツンと上向いたバストトップが透けているかのように見える水着姿に、男性ファンは大興奮。また、小ぶりで形の良いバストには、女性からも憧れの声が上がっています」(芸能ライター)

 多くの女性を悩ますのが、年齢とともに崩れてしまうバストの形。しかも重力に負けて下がってしまうのには、胸の大小は関係ないと言われている。

「バストを構成しているのは乳腺と脂肪組織ですが、加齢とともに乳腺は衰えて張りをなくし、脂肪層は重さを支えられなくなっていきます。しかし、このバスト全体の下垂を遅らせて、水原希子並みの形の良いバストを維持することは、チョットした体操でできるのです」(フィットネスライター)

 その方法が「合掌ポーズエクササイズ」だ。やり方はいたって簡単、両方のひじを肩と同じ高さにあげ、胸の前で手のひらを合わせて力を入れ合掌のポーズ。このまま10秒ほど押し合ったら、今度はゆっくりと左右に10回ほどスライドさせるというもの。これを気がついたときに1日数回やるだけでいい。

「これは筋トレの一種であるアイソメトリックスという方法を利用して、胸の筋肉を鍛える運動です。乳腺や脂肪層を支えている土台「大胸筋」を鍛えて張りを持たせることで、バストの下垂を防ぐことができるのです」(前出・フィットネスライター)

 特別に時間を取ることもなく、器具を使う必要もないので、思い立った時に自宅やオフィスですぐできる。こんな簡単な体操で憧れの“希子バスト”が身につくなら、やらない理由はないのでは?