Doctors Me(ドクターズミー)- ヤバい、血圧が高い!妊娠中の血圧ケア

写真拡大

■ 妊娠中は、高血圧に要注意

妊娠前は血圧が正常でも、妊娠後、血圧が上昇することがあります。そして、妊娠20週以降、分娩後12週までに高血圧がみられる場合、または高血圧に蛋白尿を伴う場合のいずれかで、かつ、これらの症状が単なる妊娠の偶発合併症によるものではないものを、妊娠高血圧といいます。

妊娠高血圧症候群には、妊娠高血圧腎症、妊娠高血圧、加重型妊娠高血圧腎症、子癇(しかん:けいれんと昏睡を起こす妊娠高血圧症候群)という病型による分類があります。

■ 各病型の特徴

・娠高血圧腎症
妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、かつ、蛋白尿を伴うもので、分娩後12週までに正常になる場合のこと。

・妊娠高血圧
妊娠20週以降に初めて高血圧が発症し、分娩後12週までに正常になる場合のこと。

・加重型妊娠高血圧腎症
妊娠前あるいは妊娠20週までに各種症状が出現する場合のこと。

・子癇(しかん)
妊娠20週以降に初めてけいれん発作を起こし、てんかんや二次性のけいれんが否定される場合のこと。

さらに、高血圧の発症時期や症状の程度により、早発型・遅発型、軽症・重症などの分類があります。
発症時期に関しては、妊娠32週未満を早発型、妊娠32週以降を遅発型といいます。収縮期血圧160mmHg以上、もしくは拡張期血圧110mmHg以上、高度の蛋白尿のうちの1つ以上が当てはまれば、重症妊娠高血圧症候群、それより軽症のものを、軽症妊娠高血圧症候群といいます。

■ 妊娠高血圧症候群の治療はできる?

妊娠高血圧症候群の治療法に関してですが、早期に高血圧であることを発見し、適切な処置を行うことが重要です。まず、安静にすることが大切です。安静にすることで、母体の循環と子宮胎盤の循環が改善されます。

食事療法としては、従来は塩分制限、カロリー制限、高蛋白食がすすめられていましたが、現在は、1日7〜8g程度の塩分摂取、カロリー・蛋白質は、BMIに応じた基準値が設定されています。動物性脂肪と糖質を制限し、高ビタミン食がすすめられています。

薬物療法としては、高血圧に対しては降圧薬が用いられますが、必ずしも病態の改善にはつながりません。子癇の発生予防には、硫酸マグネシウムが有効であることが報告されています。ただ、 胎児の発育不全や健康状態の悪化をまねきやすいので、定期的に発育と健康状態のチェックが必要です。

■ まとめ

妊娠中、高血圧にならないよう、無理のない適度な運動、食事療法を心がけていきましょう。