暑くなると食べたくなるフルーツはやっぱり“スイカ”。それもそのはず、スイカには夏に必要な栄養がいっぱいで、熱中症対策にもピッタリなのです。ここでは、スイカの栄養と効果についてご紹介します。

熱中症予防に! スイカの90%は水分だった

熱中症を予防するために水分補給は欠かせません。実はスイカは果物ではなく野菜ですが、果物と比べても水分量が多いのがスイカです。何とスイカの90%が水分。それだけでなく、スイカには糖分や、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどの栄養もバランスよく含まれています。ほんの少しの塩分を加えると、エナジードリンクと同じような効果が期待できます。熱中症対策だけでなく、夏に元気を保つために積極的に食べたいですね。

手足のむくみを取って、美肌効果も期待できる

漢方ではスイカには薬効があるとされています。それは、スイカの利尿効果によるもの。スイカにはアミノ酸の一種であるシトルリンが含まれており、これが利尿作用に働くのです。体内の不要な水分を排出することで、気になりがちな手足のムクミが取れるのはもちろん、新陳代謝を促進するビタミンAや美白効果のあるビタミンC、美肌を損なう活性酸素を除去するリコピンも豊富なので、美肌効果にもバッチリです。女性も積極的にスイカを食べましょう。

気になるスイカのカロリーは?

甘〜いスイカは美味しいですが、カロリーも気になるところです。スイカはほとんどが水分なので、100g当たりのカロリーは37kcal程度。これならダイエット中でも安心して食べられますね。しかも、スイカには食物繊維が豊富に含まれているので、少量でも満腹感が得られるダイエットにも最適なのです。

余った皮も捨てないで!

スイカの皮って、嵩があって処分するのもたいへんですよね。でも、皮にも有効な利用法があるのです。皮の白い部分は、細く切ってぬか漬けや塩漬けにしてみましょう。実は果肉よりも皮の方がシトルリンが多く含まれているのです。コレステロールを減らしたり、血管を拡張して血圧を下げる効果もあるので、生活習慣病の予防にもいいですね。さらに、スイカの皮でカサカサになった肘や膝をマッサージすればつるつる美肌も美容効果も期待できますよ。


writer:岩田かほり