Doctors Me(ドクターズミー)- 乳歯が虫歯になっても永久歯には関係ないの?

写真拡大

乳歯と永久歯の密接な関係

小学校に入学するころから、次第に乳歯は永久歯に生えかわります。どうせ抜けてしまう乳歯なら虫歯になっても問題ないと思われるかもしれませんが、乳歯の虫歯は永久歯に悪影響を及ぼします。どのような影響があるのか、見ていきましょう。

乳歯の虫歯がもたらす永久歯への影響

1:虫歯ができやすい口内環境になる
虫歯は口の中の細菌によって引き起こされますが、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中は無菌状態です。3歳くらいまでに細菌のバランスが形成されるので、小さい時に虫歯をつくってしまうと、虫歯ができやすい口内環境になってしまいます。虫歯の原因菌が定着すると、それを除去するのは困難です。

2:永久歯の形成不全を引き起こす
永久歯は乳歯のすぐ下にあり、少しずつ形成されます。乳歯の虫歯が歯の神経に到達すると、感染は根っこから伝わって永久歯の形成不全を起こします。このような歯をターナーの歯と呼びますが、歯の表面を覆っているエナメル質が少ない状態になるので、とても虫歯になりやすいのです。乳歯の虫歯は進行しやすく、すぐに神経に達してしまうので注意が必要です。

3:永久歯の歯並びが悪くなる
乳歯の役割のひとつは、永久歯が生えてくるスペースを維持することです。乳歯が虫歯などで早く抜けてそのまま放置していると、周りの歯がその隙間を埋めるように動き、永久歯が生えてくるスペースが足りなくなってしまうのです。すると永久歯の歯並びが悪くなる原因につながります。

4:顎が十分に発達しない
虫歯による痛みや咬みにくさは、顎の発育へ影響すると考えられています。顎の成長はしっかり咬むことで促進されますが、顎が十分に成長できないと歯並びが悪くなったり、片側咬みを続けることで顎が歪むなどの症状が現れることがあります。

まとめ

一番大切なことは小さいうちから歯磨きを習慣化し、定期的に検診を受けて口の中への関心を高めることです。そうすれば、乳歯が永久歯に生えかわり大人になっても、口内の健康を維持できるでしょう。