ダフナー、シュワーツェル、ポールターら実力者が多数参戦(撮影:岩井康博)

写真拡大

<ISPSハンダグローバルカップ 事前情報◇23日◇ヴィンテージゴルフ倶楽部>
 ワールドクラスの実力者が集う新規トーナメントが間もなく開幕の時を迎える。舞台は山梨県にあるヴィンテージゴルフ倶楽部。世界中で多くのトーナメントを開催する国際スポーツ振興協会が主催する「ISPSハンダグローバルカップ」だ。
【関連】国内男子ツアーの最新情報を写真でチェック!
 今大会には日本のトップ選手の他、海外からの招待選手が出場する。チャール・シュワーツェル(南アフリカ)、ジェイソン・ダフナー(米国)という2人のメジャー覇者に加え、イアン・ポールター(イングランド)、チャーリー・ホフマン(米国)、ジョン・センデン(オーストラリア)など世界各国から数多くの実力者が今回来日を果たした。
 中でもダフナー、シュワーツェル、ポールターらは、つい先日まで開催されていた米国男子メジャー「全米オープン」に出場。激闘の興奮さめやらぬ中、強行日程で来日し、今大会出場に備えている。
 プロアマ大会を翌日に控えた23日(火)には前夜祭が開催され、海外招待選手たちも同会に出席。会の冒頭ではISPS会長の半田晴久氏を交えたフォトセッションが行われ、今大会での活躍を誓った。
 尚、大会は25日(木)から開幕。世界の強豪たちが新たなタイトルをさらっていくのか、それとも迎えうつ日本勢がホームの意地を見せるのか。新たな激闘から目が離せない。
<ゴルフ情報ALBA.Net>

【舩越園子コラム】全米OPを制したJ・スピースの「もらった運」と「呼び込んだ運」
21歳スピース、信頼する“右腕”にささげるメジャー2連勝
谷原秀人はパター以外はすべてカーボンシャフト?
石川遼は米国専念 前年優勝大会欠場を発表
【ギアナビ】“曲がらないショットを実現”アイアン方向性ランキング