Doctors Me(ドクターズミー)- 凶悪な事件を起こす、サイコパスとは?

写真拡大

サイコパス、という言葉を聞いたことがありますか?テレビなどで話題になった事件の容疑者が、自らをサイコパスと呼んでいたニュースなど、記憶されている方もいらっしゃるかもしれません。では、サイコパスとはどんな人たちをさすのでしょう。

特徴として

・極端に自己中心的であること
・頻繁にウソをつきそのことに対する罪悪感や後悔がない
・冷淡で人に共感することがない
・無責任で行動に責任を取らない

といったことが知られています。
原因としては脳の前頭葉およびホルモンのバランスに問題がある可能性があり、加えて幼少時の虐待や劣悪な環境がサイコパスの性質を形成するとされています。

犯罪や社会的な問題を引き起こす危険性を孕んでいる

現在の精神医学ではサイコパスは、その性質から言って重大な犯罪や社会的な問題を引き起こしがちなことから「反社会性パーソナリティ障害」という病気のカテゴリーに含まれるものと考えられます。

しかし、サイコパスという言葉そのものは医学用語としては使われていないため、例えば精神科を受診した際に、病名として告げられることはありません。

「反社会性パーソナリティ障害」の診断は、簡単に言うと「物事の良し悪しや人の気持ちを考えず、平気でウソをついたり社会的規範を破り、それに対する反省や後悔が非常に乏しいもの」に対してなされます。サイコパスによく似ていますね。しかしもちろん、このような性格傾向をもっていても、環境やその他の条件により犯罪者にはならない場合もあります。

まとめ

反社会性パーソナリティ障害は、いろいろな要因(生物学的なもの、環境など)が複雑に絡まって成立するので、有効な治療はとても難しいのが現状です。興奮や精神的な不安定さに対して、鎮静作用を持つ薬剤を用いた薬物療法や、行動パターンの変化を促す行動療法を主とする、心理療法などが行われています。

また、反社会性パーソナリティ障害を持つ方同士が集まって、問題を話し合う自助グループなども考えられています。