人間関係の悩みや仕事上のトラブルなど、ストレスの種は尽きないものです。イライラする時はカルシウム不足と言わることが多いですが、ストレスに押しつぶされそうな時に積極的に摂りたいミネラルは、マグネシウムだったのです。

ストレスいっぱいの体はこうなっている!

ストレスは精神的なものと考えられがちですが、決してそんなことはありません。心と体は不可分で、ストレスにさらされている時は体も緊張状態。交感神経が優位になり、アドレナリンを大量に分泌します。アドレナリンには筋肉を緊張させる働きがあるため、ストレスを抱えるほど分泌され、それによってストレスと戦うことができます。

ストレスによる緊張を和らげるマグネシウムの働き

ストレスを受けて体が常に緊張状態になっていたら、体は疲れ切ってしまいます。そんな時はマグネシウムを積極的に摂りましょう。マグネシウムには、緊張した筋肉を弛緩させ、神経を鎮める働きがあるのです。ところが、ストレスの状態では、マグネシウムは血液細胞から放出され体外に排出されやすくなってしまいます。それによって、体は緊張を解きほぐすことができにくくなり、ますますストレスが溜まるという悪循環に陥ってしまうのです。

マグネシウムにはこんな健康効果も!

マグネシウムは体内で生成できないので、食べ物などから摂取しなくてはならない必須ミネラルと呼ばれています。ミネラルはお互いに補完し合いながら働きますが、マグネシウムには筋肉の収縮を調整したり、神経を鎮めるだけでなく、たんぱく質の合成を助けたり動脈硬化を予防する効果もあります。カルシウムの働きを助けるのもマグネシウムの大きな役割です。マグネシウム1に対して2〜3のカルシウムがあるのが理想的と言われています。ストレスのイライラは、もしかしたらマグネシウム不足が原因かもしれません。

マグネシウムが多く含まれる食品はコレ!

マグネシウムは昆布やひじきなどの海藻類、落花生、大豆、ゴマ、緑黄色野菜などに多く含まれています。マグネシウムは成長して大人になるほど必要な栄養素ですが、常にストレスにさらされている現代人には不足しがちな栄養素でもあります。マグネシウムを意識した食生活を心掛けるのはもちろんですが、食べ物からの摂取が難しい時は上手にサプリメントを利用してください。また硬水にはマグネシウムがたくさん含まれているので、朝起きたら硬水のミネラルウォーターを飲むのを習慣にしてもいいでしょう。


writer:岩田かほり