写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ソフトブレーン・フィールドは、「夫のお小遣い」の調査結果を発表した。期間6月10日〜16日。対象は、同社サイト会員の30代〜40代既婚女性831名。

○約7割の夫がお小遣い制

夫が自由に使えるお金についてどのようにしているかを聞いたところ、「お小遣い制」が68.4%、「お小遣い制ではない」が31.6%となった。

また、「お小遣い制」と回答した568名を対象に夫のお小遣い額について質問。30代以下では「30,000円以内」が75.0%と4人に3人を占めたのに対し、40代以降では「30,001円以上」が5割以上を占める結果となった。

具体的な夫のお小遣い金額を見ると、全体平均では3万6,909円だった。2014年の平均3万5,686円と比較して1,223円アップしている。

夫の世代別では、30代以下の平均額が2万7,827円、40代が3万5,914円、50代が4万3,671円、60代以上が4万317円となっており、50代をピークに金額が増加する傾向にあった。

また、お小遣いの中に昼食代が含まれているかを分析。お弁当等を持参などの理由でお小遣いに昼食代が含まれていない人のお小遣い金額は、平均3万23円。これに対し、昼食代が含まれている人のお小遣い額は平均4万5,421円と約1万5,000円の開きがあった。