銀毛に覆われたアリが、耐熱テクノロジーのヒントを生む

写真拡大

気温が摂氏70度に達することもあるサハラ砂漠に棲むアリの一種は、独特の形状をした体毛によって太陽光や熱を制御し、酷暑を生き延びていることが明らかになった。

「銀毛に覆われたアリが、耐熱テクノロジーのヒントを生む」の写真・リンク付きの記事はこちら

サハラ砂漠に棲むアリの一種「サハラン・シルヴァー・アント」(学名:Cataglyphis bombycina)は、独特の形状をした体毛を使って太陽光線を制御し、砂漠の酷暑をしのいでいることが明らかになった。北アフリカに生息するこのアリを調査し、世界有数の高温地帯で彼らが生きられる秘密をつきとめたのは、米国とスイスの昆虫学者、物理学者からなる研究チームだ。

気温が摂氏70度に達することもある日中のサハラ砂漠で餌を探し、巣穴を掘るこのアリは、その体温を常に、自身の限界温度である53.6度以下に保たなければならない。

体毛は皮膚に沿って生えていて、横断面が三角形をしている。

今回の研究によって、このアリの背中と体側は、横断面が三角形をした体毛に覆われており、この毛が広い範囲の電磁波を操作可能であることがわかった。

銀色の体毛は、しばしばアリの姿をサハラ砂漠を転がる水銀粒のように見せる一方、2つの方法で彼らの体を冷やしている。

まず、この体毛は太陽光スペクトル(可視光線および近赤外線の波長領域)における体表面の反射率を高める。そして、中赤外線領域において、過剰な熱を熱放射により体外へ排出する能力を高める。この冷却効果は、アリが晴天の炎天下にいる条件において機能し、体毛をもたない場合と比べて体温を約5〜10度低下させる。

「これは、進化が身体特性の適応を引き起こすことで──この場合はアリを熱から守るための生理学的課題を解決して、生命を維持してきたことを如実に物語る一例だ」と、コロンビア大学工学部の応用物理学助教授で、今回の研究を率いたナンファン・ユーは述べている。

今回の知見から、いずれ生物にヒントを得た冷却面が開発され、自動車から建築物、衣服などあらゆるものに応用可能となることが期待されている。

TAG

AntBiologyResearchScienceWIRED UK