写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オウチーノ総研は23日、首都圏(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住者を対象とした「『老後』に関する実態調査」の結果を発表した。それによると、自身の老後に対して「悲観的(計)」に考えている人は42.0%に上った。

悲観的に考えている理由については、「老後資金・年金に不安があるから」が突出して多かった。他方、「楽観的(計)」は28.0%、「わからない」は30.0%となった。

現在用意している老後資金の金額を聞くと、「用意していない」は34.3%、「500万円未満」が15.1%、「1,000万円未満」が8.8%、「2,000万円未満」が10.4%、「3,000万円未満」が4.8%など。一方、退職までに用意する予定の金額は、「用意しない予定」が18.4%、「500万円未満」が5.9%、「1,000万円未満」が6.6%、「2,000万円未満」が9.4%、「3,000万円未満」が8.0%などとなった。

老後もゆとりのある生活を送るためには3,000万円の資金が必要ともいわれるが、今回の調査では、3,000万円以上の資金が用意できる見込みのある人は14.7%にとどまった。

また、自身が老後の暮らしを送る頃、日本の高齢者の暮らしは「今より悪くなっている」と答えた人は過半数の52.2%に上った。

調査期間は2015年6月12〜15日、調査方法はインターネット、有効回答は40〜59歳の個人860人。

(御木本千春)