ランドローバーを、スマホで「ラジコン」操作できるようになる

写真拡大

ジャガーランドローバー(JRL)の研究開発部門が、スマートフォンアプリを使って、車外から遠隔操作できる実験車両を公開した。

「ランドローバーを、スマホで「ラジコン」操作できるようになる」の写真・リンク付きの記事はこちら

ジャガーランドローバー[JLR:タタ・モーターズが所有する英国の自動車会社]の研究開発部門は6月16日(現地時間)、「JLR Technology Conference」において、いくつかの興味深いテクノロジーを発表した

そのなかのひとつが、ドライヴァーがスマートフォンアプリを使って、車外から高級SUV「ランドローバー」を運転できる実験車両だ。遠隔操作中の最高速度は時速6.5kmで、最大約10m離れたところからコントロールできる。

スマートフォンによる遠隔操作という点では、1997年に公開された映画『007 トゥモロー・ネヴァー・ダイ』に登場した「BMW 750iL」に似ているともいえる。この映画でジェームス・ボンドは、携帯電話をリモコンとして使い、後席から自由自在にクルマを操ってみせた。もちろんこのランドローバーはミサイルや煙幕弾を搭載していないが、それでもボンドなら喜んで乗りそうである。

こうした遠隔操作は、普通の人にはまったく必要のない機能のようにも思えるが、実は現実の世界でも実用的な使い道がある。JLRによれば、浅瀬を渡ったり、ひどいぬかるみや雪道を走るときにもこの機能が役に立つという。例えば泥道で深みにはまる危険性があるときに、車外からの状態を見ながら車を進めることができるのだ。

もう少し地味な用途としてJLRは、駐車場で隣のクルマに接近されて停められたときに、クルマを駐車枠から出すのにも使えると説明する。

JLRがクルマに未来的なテクノロジーをもち込んだのは、今回が初めてではない。同社は2014年4月、運転者がボンネットを「透視」できる「透明ボンネット」システムを発表している。これは複数のカメラとディスプレイを巧妙に配置して、ボンネットによって生じる死角をなくしたもの。運転者が前方の路面を確認しやすくするためのアイデアだ。

関連記事「ボンネットが透明になる」ランドローバー(動画あり)

ただ透明ボンネットのプロジェクトと同じく、今回のリモコン機能も、将来的に量産車に取り入れられるかどうかは不明である。

TAG

LandRoverRemote-ControlledCarWIRED US